イオン電極には温度補償電極がないと測定できませんか?

    測定するためには、イオン電極と対応比較電極、温度補償電極が必要です。ただし、通常は温度補償電極を用いずに一定温度(たとえば25℃)で測定する方が一般的です。


    測定時、電極はサンプルにどこまで浸さなければなりませんか?

    イオン電極、温度補償電極は応答部を完全に浸してください。比較電極は液絡部を完全に浸してください。


    内部液交換直後に校正し測定してもよいですか?

    よいです。液絡部から内部液がにじみだすのを確認した後に測定してください。


    温度補償電極を用いないで測定してもよいですか?

    よいです。標準液とサンプルの温度を同一にして測定してください。


    次ページ 影響


    水質製品情報


    コンパクトpH・水質計

    コンパクトpH・水質計  
    税抜¥22,000~

    平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


    ポータブルpH・水質計

    ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

    片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


    卓上型pH・水質計

    卓上型pH・水質計  
    税抜¥165,000~

    ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


    電極ラインアップ

    電極ラインアップ 
    pH・COND・ION・ORP・DO

    測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。