攪拌する場合、測定値に与える影響はありますか?

    測定溶液の攪拌状態は、イオン電極による電位測定に対して電極電位、応答速度、定量下限の変化となって影響します。これを避けるためには、測定の妨害とならない範囲で、なるべく速くかつ一定の速さ(300~500 rpm程度)で攪拌してください。ただしスターラーの発熱に注意してください。スターラー本体とビーカーの間に断熱用の発泡スチロール板を挟むとスターラーからの発熱の影響をほぼ防ぐことができます。


    攪拌は測定時になぜ必要ですか?

    攪拌すると溶液中のイオン濃度および液温が均一になり、攪拌しないときよりも指示が安定し、より正確な値が得られます。また液間電位も小さくなります。ただし、あまり激しい攪拌は逆効果となるため注意してください。


    攪拌しながら測定していると、液温が上昇してきました。なぜですか?

    スターラーの発熱により、液温が変化する場合は、断熱材(発砲スチロール板など)をスターラーの上に敷くか、恒温槽を用いて測定してください。


    測定値はサンプルのpH値によっても異なりますか?

    イオン電極の種類や構造によって測定可能なpH範囲が決まってきます(この範囲は一般に測定対象イオン濃度が低くなる程狭くなります)。このpH範囲を越えると測定値に影響が生じます。


    測定時、外部からの光も測定値に影響を与えますか?光の影響を受けやすいのはどのような電極ですか?

    イオン電極の中には光の影響を受けて電位差が変化するものもあります。
    一般的に、応答膜にハロゲン化銀を主成分とする電極(Cl-、Br-、I-、CN- 電極など)にみられます。


    サンプル温度は測定値にどのように影響を与えますか?

    同一サンプルでも液温の変化により測定値は異なります。ネルンストの式より液温が10℃上昇するごとに1価イオンで約2 mV、2価イオンで約1mVの変化を生じます(等温交点から10倍、1/10の濃度のとき)。つまり、液温が高くなると電位勾配は大きくなり、液温が低くなると電位勾配は小さくなります。


    イオン電極は測定対象イオン以外の影響は受けますか?

    イオン電極は測定対象イオンに対する選択性に優れていますが、他のイオンにも応答する場合があります。
    それらの測定を妨げるイオンのことを「妨害イオン」と言います。測定時にはサンプル中での共存イオンの影響をよく知り、その影響を避けることが重要です。


    比較電極の内部液が流出することによってサンプルが汚染され、測定値に影響しませんか?

    内部液と反応するサンプルでは、影響する場合があります。このようなときは、ダブルジャンクション形比較電極(形式:2565A-10T)を用いて外筒部の内部液を適切なものにしてください。通常では、内部液の流出量も10分間に1滴以下と微量のため、この程度の量では影響しにくいと考えられます。


    内部液流出量の違いによる測定誤差はありませんか?

    流出量が少なすぎる場合 :液間電位、攪拌影響などを生じます。
    流出量が多すぎる場合 :イオン強度の変化、妨害影響が生ずる可能性があります。


    よくある質問(Q&A)-イオンHomeへ | ▲ このページのTopへ


    水質製品情報


    コンパクトpH・水質計

    コンパクトpH・水質計  
    税抜¥22,000~

    平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


    ポータブルpH・水質計

    ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

    片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


    卓上型pH・水質計

    卓上型pH・水質計  
    税抜¥165,000~

    ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


    電極ラインアップ

    電極ラインアップ 
    pH・COND・ION・ORP・DO

    測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。


    [大型連休にともなうお知らせ]
    2019年4月27日(土)より2019年5月6日(月)までの間は、大型連休にともないカスタマーサポートセンターの業務を休業させていただきます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。