指示値がふらついている場合、電極キャップ部を持つとふらつきが止まるのはなぜですか?

    手で触れて振れないのは、人間の体がアースになったためです。アースが完全に行われていてなおふらつく場合は、液絡抵抗が高くなっているか、サンプルの導電率が低いことなどが考えられます。


    測定時にサンプルを攪拌するほうがよいでしょうか?

    校正時と測定時における攪拌の有無などの条件を同じにしてください。
    攪拌する場合は、あまり激しい攪拌を行うと温度上昇や大気中の炭酸ガスの影響で指示が変化する場合があるため、緩やかな攪拌を行なってください(マグネチックスターラーで攪拌する場合、スターラー本体の発熱による温度上昇にご注意ください。なお、スターラーとビーカーの間に発砲スチロールを挟むと発熱の影響をほぼ防ぐことができます)。


    液絡部が黒くなっているが問題ないか?

    g+イオントラップ機能のない比較電極では、内極の銀が溶けて液絡部に析出して黒くなることがあります。この場合、低イオン強度のサンプルなどでは応答劣化や不安定が考えられますため、電極洗浄液(形式:220)で洗浄を行なってください。

    液絡部の汚れメンテナンス編へ


    水質製品情報


    コンパクトpH・水質計

    コンパクトpH・水質計  
    税抜¥22,000~

    平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


    ポータブルpH・水質計

    ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

    片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


    卓上型pH・水質計

    卓上型pH・水質計  
    税抜¥165,000~

    ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


    電極ラインアップ

    電極ラインアップ 
    pH・COND・ION・ORP・DO

    測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。