ナトリウムイオン電極法による塩分測定と、導電率(電気伝導率)法による塩分測定の違いは何ですか?

    ナトリウムイオン電極法による塩分測定は、塩分(食塩)のナトリウムイオンを測定して塩分を算出しています。一方、導電率法による塩分測定は、塩分(食塩)の濃度と導電率の関係に基づいて導電率の測定値から塩分を算出しているため、導電率法による塩分測定は、導電率の値に影響を与えるすべての共存イオンの影響を受けます。この注意点については、「導電率と塩分濃度ならびに導電率方式の塩分計の使用上の注意点」を参照ください。


    測定サンプルの前処理の必要性は?

    LAQUAtwin塩分計(B-721)では、ジュース類、味噌汁などの水分をベースとするサンプルは前処理することなくそのまま測定することができます。トマトケチャップ、味噌などのペースト状のサンプルは、適宜純水を加えて均一にホモジナイズして(ミキサーなどで均一にする)測定します。測定値には、加えた純水による希釈率を掛けます。固形試料の場合は、純水を加えて充分ホモジナイズし、試料中の塩分を完全にイオン化して(加えた純水に完全に溶出させる)測定します。この場合も、測定値に加えた純水による希釈率を掛けます。詳しくは、イオン電極の使用例「ナトリウムイオン応答ガラス電極による加工食品中の塩分の測定例」で述べた前処理を参照してください。 


    食塩濃度NaCl%(w/w)からNa+ ppmへの換算方法を教えてください。

    たとえばNaCl 1%(w/w)の場合、純水990gに10gの食塩が溶解していること、すなわち合計1000gの溶液中に10gの食塩が溶解していることになります。NaClの分子量(式量)は23.0+35.5=58.5であり、NaCl 10g中には、10×23.0÷58.5=3.93gのNa+が含まれています。すなわち、1000gの溶液中に3.93gのNa+が含まれているため、ppm(百万分率)としては3930ppmとなります。


    味噌汁など測定に使用したものをその後食用に用いてもよいですか?

    測定原理にかかわらず、測定のサンプルに使用したものをその後食用に用いないでください。


    水質製品情報


    コンパクトpH・水質計

    コンパクトpH・水質計  
    税抜¥22,000~

    平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


    ポータブルpH・水質計

    ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

    片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


    卓上型pH・水質計

    卓上型pH・水質計  
    税抜¥165,000~

    ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


    電極ラインアップ

    電極ラインアップ 
    pH・COND・ION・ORP・DO

    測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。