より正確なpH測定を行うには、さまざまな注意点があります。その場合は、以下の解説を参考にしてください。

1. pH測定と液温について

溶液のpH値は固有の温度特性を有します。pH測定は、できるだけ正確な温度管理が必要です。温度補償電極が内蔵された複合電極を用いる場合、その温度補償電極は比較電極内部液の温度を測っているため、複合電極の浸漬部分全体が一定の温度になるように、よくなじませせる必要があります。
 

*恒温槽と温度補償機能を用いて測定*

恒温槽を使い、校正時と測定時を同一の液温で行う。
校正時、測定時ともメータの温度補償機能を用いる。
※ただし、手動温度補償機能があればメータへの入力が可能。 

*恒温槽にて測定*

標準液とサンプルを恒温槽で25±0.2℃に保ち、校正後測定する。
この場合、温度補償や温度換算の必要はありません。

*室温にて測定*

1. 校正時、測定時ともに温度補償機能を用いる。
2. 手動温度補償機能があればメータへの入力が可能。   
  ※なお、校正時、測定時の液温は極力統一する。 



2. 電極をサンプルに浸す前の注意点

  1. 比較電極内部液の補充口を開けておく。

  2. 比較部の内部液を充分に入れておく。

  3. 内部液に気泡があれば、電極を振るなどして取り除く。

  4. よく洗浄された電極を使う

3. 電極をサンプルに浸した後の注意点

  1. 比較電極内部液がサンプル側に流出するために、内部液の液面はサンプルの液面    より高い位置にしておく。

  2. 電極表面に気泡がついていれば取り除く。

  3. 液絡部および温度補償電極は液面より下に来るようにする。

4. より精密な測定を行なう時の対策

  1. 校正液やサンプルの液温を恒温槽で一定に保つ。
    (温度変化による誤差を少なくするため)
  2. 測定が静電気の影響を受ける場合は、内部液を補充口の位置まで入れる。
  3. 測定容器は密閉のできるものを用いる(外気からの影響を防ぐため)。
  4. 測定容器は純水で洗浄した後、サンプルで共洗いする。
  5. 測定中はサンプルをゆっくり攪拌(かくはん)する(300rpm *程度)。
  6. 個別電極で測定する場合、比較電極はガラス電極より高い位置にセットする。
  7. あらかじめ電極をサンプルに浸し、馴染ませておく。
  8. 低導電率水、低緩衝能のサンプル測定の場合は、適した手法や電極を用いる。(「pH測定の応用―低導電率水・低緩衝能のサンプル測定」参照)

* rpm(アールピーエム)は、回毎分 (revolution per minute)  または回転毎分 (rotation per minute) の略で、回転などの周期的現象が1分間に繰り返される回数を示す単位です。


水質製品情報


コンパクトpH・水質計

コンパクトpH・水質計  
税抜¥22,000~

平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


ポータブルpH・水質計

ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


卓上型pH・水質計

卓上型pH・水質計  
税抜¥165,000~

ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


電極ラインアップ

電極ラインアップ 
pH・COND・ION・ORP・DO

測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。


[大型連休にともなうお知らせ]
2019年4月27日(土)より2019年5月6日(月)までの間は、大型連休にともないカスタマーサポートセンターの業務を休業させていただきます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。