JISでは、pHをどのように定義しているのか、紹介しましょう。

<JIS Z 8802-2011年確認> 抜粋


pHの意味

この規格でいうpHとは、次のpH目盛の定義に基づいて定められる量であって、厳密な意味での物理化学的な意義をもちません。

備考  特定の水溶液、たとえば濃度0.1mol/L以下、pHが3~10の範囲にある緩衝液については、式(1)であらわされると考えられています。

pH目盛の定義

同温度の2種類の水溶液XおよびSのそれぞれのpHを、pH(X)およびpH(S)であらわすと、それらのpHの差は、式(2)で定義されます。

ここに
EX:水溶液X中で、ガラス電極と比較電極とを組み合わせた電池の起電力
ES:水溶液S中で、ガラス電極と比較電極とを組み合わせた電池の起電力
R:ガス定数 8.3144J/℃・mol
T:絶対温度 t ℃+273.15
F:ファラデー定数 96495C/g-equiv

式(2)において、分子、分母の単位は等しく選ばなければなりません。mV単位であらわされた各温度における2.3026RT/Fの値を表1に示します。

表1  2.3026RT/Fの値

温度℃

2.3026RT/F mV

温度℃

2.3026RT/F mV

0

54.20

50

64.12

5

55.19

55

65.11

10

56.18

60

66.10

15

57.17

65

67.09

20

58.17

70

68.09

25

59.16

75

69.08

30

60.15

80

70.07

35

61.14

85

71.06

38

61.74

90

72.05

40

62.13

95

73.05

45

63.13

100

74.04

(数値をmVに換算して四捨五入した値を表示)

【引用文献】
Bates 「Determin of pH」 John Willy & Sons(1973)

式(2)の定義は、ある1種類の水溶液のpHを定めることによって、他のすべての水溶液のpHが定まることを意味しています。この基準として0.05mol/Lフタル酸塩水溶液を選び、このpHは15℃において4.000と定義します。


JIS Z8802をはじめとしたpHに関するJISや、法規・規格については「法規とpH計」のページにも紹介します。



水質製品情報


コンパクトpH・水質計

コンパクトpH・水質計  
税抜¥22,000~

平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


ポータブルpH・水質計

ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


卓上型pH・水質計

卓上型pH・水質計  
税抜¥165,000~

ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


電極ラインアップ

電極ラインアップ 
pH・COND・ION・ORP・DO

測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。


[大型連休にともなうお知らせ]
2019年4月27日(土)より2019年5月6日(月)までの間は、大型連休にともないカスタマーサポートセンターの業務を休業させていただきます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。