ガラス電極と比較電極の組み合せは、内部抵抗の高い電池と考えることができるため、これをそのまま普通の電位差計(電圧計)につないでも、その電位差 を正確に測定することはできません。必ず高入力インピーダンスの増幅器が必要です。このような増幅器に色々な調整用抵抗などを加えたものがpH計の 指示部です。
pH計の指示部に欠くことのできないものとして、非対称電位(不斉電位)調整機能、温度補償機能、感度調整機能があります。
非対称電位調整機能は、電極を標準液に浸したときに、pH計の指示値の読みを、標準液のpH値に一致させるよう調整するためのもので、増幅器のゼロ点を電気的に移動させる働きをします。
温度補償機能は、ガラス電極の1pH当たりの起電力が温度によって変化することを補正し、どの温度でも正しいpH値が指示計に示されるように調整するものです。ただし、温度補償電極を用いる方式のpH計(自動温度補償)では、この調整が自動的に行われます。また、一般的に感度調整機能が付加されています。
感度調整機能は、ある温度でのガラス電極の1pH当たりの起電力に増幅器の感度を正しく一致させるよう調整するものです。

不斉電位差(非対称電位差)

ガラス電極には、内部電極がありpH7の内部液に浸っています。
電極をpH7の液に浸したとき、電極膜の内側も外側もpH7となるため、理論上電位差は0になるはずですが、実際にはある程度電位差が発生します。この電位差を広い意味で「不斉電位差」と言います。不斉電位差は、ガラスを加工した時のひずみや形状、ガラス組成によってその大きさが異なります。また、比較電極の内部液の汚れによっても発生します。その他、pHガラス応答膜が乾燥すると不斉電位差が大きくなり、誤差が生じます。したがって、新品の電極先端には保護キャップが被せてあり、保護キャップ内はスポンジに水を浸した状態となっています。不斉電位差の正常な範囲の目安は、±30mV(0.5pH)以内です。


水質製品情報


コンパクトpH・水質計

コンパクトpH・水質計  
税抜¥22,000~

平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


ポータブルpH・水質計

ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


卓上型pH・水質計

卓上型pH・水質計  
税抜¥165,000~

ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


電極ラインアップ

電極ラインアップ 
pH・COND・ION・ORP・DO

測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。