大気汚染監視用浮遊粒子状物質(SPM)濃度測定装置 APDA-370

概要

大気汚染監視用浮遊粒子状物質濃度測定装置APDA-370は、JIS B 7954「大気中の浮遊粒子状物質自動計測器」に規定されたβ線吸収法に基づく装置です。長期安定性を確保する自己診断機能のほか、捕集効率の高いふっ素樹脂テープろ紙の対応も可能です。

特長

  • 鋸歯状の途中経過出力機能付
  • 線源は安全で、特別な取扱資格や届出は不要
    線源は3.7×106Bq以下の安全な密封線源を採用しているため、特別な取扱資格や届出は不要。また、長寿命な14Cを使用しているため交換も不要です。
  • データ回収が可能
    コンパクトフラッシュカードに直接データを読み込み、データ回収が可能です。(オプション)
  • リモート操作が可能
    データインターフェースの充実、リモート操作が可能です。(LAN接続端子、RS-232C)(オプション)

製造会社: HORIBA

仕様

項目

仕様

測定成分

大気中の10 μm以下の浮遊粒子状物質(SPM)

測定レンジ

標準0 〜1000/5000 μg /m3
オプション0 〜200/500/1000/5000/10000 μg /m3の間で最大5 レンジ(注)

再現性(繰返し性)

± 20 μg /m3 200/500 μg /m3レンジ
フルスケールの± 2.0 % 1000/5000/10000 μg /m3レンジ

直線性(指示誤差)

± 30 μg /m3 200/500 μg /m3レンジ
フルスケールの± 3.0 % 1000/5000/10000 μg /m3レンジ

ゼロドリフト

± 20 μg /m3 / 日 200/500/1000/5000/10000 μg /m3レンジ

スパンドリフト

± 30 μg /m3 / 日 200/500 μg /m3レンジ
フルスケールの± 3.0 % 1000/5000/10000 μg /m3レンジ

測定時間

1時間

試料採取流量

16.7 L/ min

ポンプ

リニア駆動フリーピストン方式 別据置き

表示

日付、時刻、μ g、流量など

アラーム

テープ異常、流量異常など

入出力

0 〜1 V
パルス信号
接点入出力(レンジ、電源断、アラームなど)
オプション:RS-232C、LAN 接続端子(TCP/IP)

周囲温度・湿度

0 〜40 ℃ 90RH %以下 結露なきこと

外形寸法

430 W × 483.5 D × 266 H mm(サイクロン含む)

質量

本体:約19 kg ポンプ:約5 kg

注記:上記仕様は環境大気常時監視マニュアルおよびJIS に準拠しています。
測定レンジは、任意で選択可能で、選択したレンジの自動、手動(特定レンジの固定)モードの選択が可能です。

外形寸法図・他(単位:mm)

APDA-370 外形寸法図(mm)

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

堀場製作所
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)