SPRi(表面プラズモンイメージング)

表面プラズモン共鳴(Surface Plasmon Resonance:SPR)とは,分子間の相互作用(結合)をラベルフリーで観察できる原理である。この原理を用いることにより,分子間相互作用の動的プロセス(結合定数および解離定数),結合親和性,分析対象の濃度に関する情報を得ることができる。
本論文では,ハイスループット測定のためのSPRイメージング(SPRi)の原理とその応用例として乳癌のバイオマーカーとなる可能性のある物質の検出および特性把握について説明する。

はじめに

表面プラズモン共鳴(SPR)は,生体分子の相互作用をリアルタイムで観察する目的で活用されている原理である。その原理は,プリズム表面に金薄膜を蒸着したセンサー(バイオチップ)上に,固定化されている分子(リガンド)とバイオチップ表面を通過する分子(アナライト)が,相互作用することによって生じる,バイオチップ表面近傍の屈折率の変化を検出することである。分子間相互作用を蛍光プローブ等のラベルなしで,追跡することができる特徴を持つ。また,リアルタイムに相互作用を観察することによって,各種パラメーター(結合定数,解離定数,親和性/結合活性など)の評価が可能になる。


 表面プラズモン共鳴の物理的原理