バイオライフサイエンスアプリケーションノート
- 健康 -

色素ローズベンガルによって発生させた一重項酸素の蛍光寿命測定

一重項酸素の研究は、反応性の高い化学種として興味を持たれていた。多くは、例えば色素あるいはポルフィリンのような分子の光感作姓によって生成される。このように、酸素と光の存在下で、適切な光増感剤を選択することによって1O2は選択的に生成される。生物学的観点から、一重項酸素は細胞に損傷を与え、死に至らせる能力を持っている。このことから、光線治療(PDT:photodynamic therapy)における抗がん剤として利用されている。