蛍光分光光度計 FluoroMax-4

FluoroMax-4は、従来にない高感度と高速スキャンを両立した、実用性の高い蛍光分光光度計。世界のジョバンイボンの分光技術と、フォトンカウティング法により、検出器のノイズも除去。世界最高レベルのS/N比、3000:1を達成しています。高い感度を実現しているからこそ、数値も正確。分析環境のトータルな作業効率を高めます。また、3D表示と、扱いやすい操作体系のソフトウェア「FluorEssence」と、拡張性の高い充実のオプション群で、さまざまな測定に的確に...

マーカス型高周波グロー放電発光表面分析装置(GDS) GD-Profiler2

rf-GD-OES(GDS)分析装置は、Arプラズマにより試料をスパッタリングさせ、スパッタされた原子を原子発光させることで、元素分析を行う、迅速かつ簡単な表面分析装置・深さ方向元素分析装置として、薄膜・めっき・熱処理・表面処理・コーティングなどの研究開発・生産技術・品質管理の分野において、幅広く活用されています。高周波方式グロー放電を採用しているため、非導電性試料でも表面分析が可能です。

HEラマンプロセスシステム

HE(High Efficiency)ラマンプロセスシステムはプロセスコントロールのためにハイスループットで安定したシステムとして開発されました。内部の光学部品が全て固定されており外観も頑丈でコンパクトに設計され、極力メンテナンスを少なくし操作も簡単にすることでプロセス現場からの要望に完全に応えています。

IG-331 Gloss Checkers

簡単操作で光沢を測定し数値化し、幅広い分野での品質管理や空間の美化維持に活用できる光沢計です。

高光沢グロスチェッカ IG-410

現場作業を容易にする、表示部と分離した測定部を被検体にあてるだけで計測できるハンディタイプの光沢計です。

工業用pH計 HP-480

使用頻度の高い機能を中心に搭載したスタンダードタイプのpH計です。 工業排水の放流水監視から、各種工業分野における製造工程の監視、品質検査、水産、養殖まで幅広い用途に対応します。

磁気圧力式酸素分析計 MPA-5000

共存ガスの影響を受けない高精度で安定性にすぐれた、磁気圧力方式(圧力検出形)を使用した酸素ガス分析計です。

高精度医療O2
原理:磁気圧力式

モジュール型近赤外高速蛍光分光光度計 NanoLog

高輝度ランプ、ダブルグレーティング分光器、アレイ検出器などを搭載し、紫外から近赤外領域までを高感度高速で発光スペクトルを取得可能。蛍光寿命機能など各種アップグレード可能。

ジルコニア酸素計(酸素濃度計) NZ-3000

電力用ボイラをはじめ、パッケージボイラ、工業炉および各種燃焼装置の煙道内にプローブを挿入し、酸素濃度を測定する装置です。

挿入型ボイラー
原理:ジルコニア式

溶存酸素計 OM-51 ハンディタイプ

HORIBAの溶存酸素計OM-51ハンディタイプは水溶液中の溶存酸素濃度(DO)と酸素濃度(O2)、飽和酸素濃度(SAT.RATIO)そして温度を測定する溶存酸素計です。

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

HORIBA
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)

[HORIBAグループ全社休業のお知らせ]
誠に勝手ながら、2022年10月7日(金)~10月10日(月)はHORIBAグループの全社休業日となります。この間にいただいたお問い合わせにつきましては、10月11日(火)より順次対応いたします。ご不便をお掛けしますが、ご理解、ご了承いただけますようお願いいたします。