硫黄酸化物(SO2)濃度測定装置 APSA-370【高感度】

概要

SO2濃度測定装置APSA-370【高感度】は、JIS B 7952「大気中の二酸化硫黄自動計測器」に規定された紫外線蛍光法(UVF 法)に基づく測定装置です。芳香族炭化水素カッタを内蔵し、干渉成分を低減しています。また、低バックグラウンドを実現する独自の測定セルにより、高感度・高安定性を確保しています。 最小検出感度0.1 ppbの高感度を達成しました。

用途

  • 大気汚染監視
  • クリーンルーム内の雰囲気監視
  • 文化財の保存環境

特長

  • 高感度・高安定性を実現
    独自の検出部構成、光学系を採用しているため、低バックグラウンドで、高感度・高安定性を実現しました。
  • 干渉成分の影響を低減
    芳香族炭化水素カッターを内蔵し、干渉成分の影響を低減します。
  • 自動校正が可能
    標準ガス発生器(SGGU-610)との組み合わせにより自動校正が可能です。
  • データの回収が可能
    コンパクトフラッシュ®カードに直接データを読み込み、データ回収が可能です(オプション)。
  • リモート操作が可能
    データインタフェースの充実、リモート操作が可能です(LAN接続端子、RS-232C)(オプション)。

関連アプリケーション


製造会社: HORIBA

仕様

項目

仕様

型式

APSA-370(特殊仕様)

測定原理

紫外線蛍光方式

測定レンジ

0 -10 / 20 / 50 / 100 ppb

最小検出限界
(一定の条件下での代表値)

0.1 ppb

応答時間(T90)

5分以内(分析装置サンプル導入口から)

表示成分

SO2 瞬時値

アナログ出力

4 - 20 mA DC または 0 - 1 V DC

通信インタフェース

RS - 232 C または TCP / IP

サンプル流量

約0.8 L/min

測定時使用ガス

なし

校正ガス

N2ベースSO2ガスをSGGU-610にて希釈

使用温度環境

クリーンルームの温度環境

使用湿度環境

クリーンルームの湿度環境

電源電圧

AC100 - 120 V, AC200 - 240 V 

装置構成(分析計/校正装置として)

APSA-370(特殊仕様)
SGGU-610

・SGGU-610:標準ガス発生器

・分析装置は当社の微量濃度ガス分析計APシリーズをもとに、高感度化のために検出器およびその周辺情報を変更しています。また本体サイズが異なる装置もあります。

・予期せぬ原因によりクリーンルーム内の汚染物質組成に変化が生じることがあります。それにより分析装置内の触媒酸化挙動に干渉影響が発生する場合、推奨される装置の仕様・構成が異なります。

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

HORIBA
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)

[HORIBAグループ全社休業のお知らせ]
誠に勝手ながら、2022年10月7日(金)~10月10日(月)はHORIBAグループの全社休業日となります。この間にいただいたお問い合わせにつきましては、10月11日(火)より順次対応いたします。ご不便をお掛けしますが、ご理解、ご了承いただけますようお願いいたします。

関連製品

全炭化水素(THC)濃度測定装置 APHA-370

JIS B 7956「大気中の炭化水素自動計測器」に規定された水素炎イオン化検出法(FID)に基づく装置です。VOCの除外装置評価や、触媒実験用低濃度HC測定に活用できます。

<img...