堀場雅夫(現最高顧問)

1945年、堀場雅夫は、敗戦で挫折せざるを得なかった原子核物理の研究を続けるため、京都大学在学中に京都市烏丸五条の地に「堀場無線研究所」の看板をあげました。核物理実験用の高速演算機(今でいうコンピュータ)に欠かせないコンデンサを自作したところ、性能と品質の良さが評判となり、量産化に着手することになりました。ところが、折悪く朝鮮動乱による資材高騰で工場建設が頓挫。やむなく手元にあったpHメータを販売しました。このpHメータは、コンデンサの電解液のpH値コントロールをするために自作したもので、その性能の良さから大変な好評を得、いつしかpHメータの堀場として知られるようになりました。
こうして、堀場無線研究所創業から8年後の1953年、株式会社堀場製作所を設立し、計測機器メーカとして歩み出しました。


おもしろおかしく

HORIBAグループの社是は「おもしろおかしく」。この社是には、人生のもっとも活動的な時期を費やす仕事にプライドとチャレンジマインドを持ち、エキサイティングに取り組むことで、人生の満足度を高めて欲しいという願いが込められています。

One Company Song Joy & Fun

HORIBAは2013年に創立60周年を迎え、世界中の社員が歌える歌を制作しました 。「One Company Song」と名づけられたその歌を世界中のホリバリアン(HORIBA社員)が歌うことで、国籍や文化の違いを超え、心をひとつにしたいというおもいが込められています。