Testing | コンポーネント

触媒試験

自動車用触媒評価・素材分析サービスで、地球環境の未来に貢献

実際のエンジン排ガスを模した試験ガスを発生させ、触媒の温度特性、被毒・劣化、寿命などを評価します。試験条件の設定からデータ採取、解析処理までの自動化により、短期間での試験が可能です。FTIR(Fourier Transform Infrared Spectrometer)方式、QCL(Quantum Cascade Laser)方式など、触媒の品質管理や素材分析に有用な最新分析計との複合的な組み合わせにより、さまざまなアプリケーションに対応できます。

関連製品

マスフローコントローラや加熱炉を用いて、エンジン排ガスを模擬的に発生させる装置です。エンジン排ガス分析計を組み合わせて、触媒の総合的な性能試験が可能です。各種触媒の試験を効率化し、開発期間を短縮できます。

カタログダウンロード

製品詳細ページ

FTIR法エンジン排ガス測定装置 FTX-ONE

フーリエ変換赤外分光(FTIR)法と多変量解析の手法を組み合わせ、エンジン排ガス中に含まれるCO、CO2、NH3など最大28成分の濃度を低流量かつ高速に測定するコンパクトな装置です。

製品詳細ページ

レーザ吸光法自動車排ガス測定装置 MEXA-ONE-QL-NX

量子カスケードレーザ赤外分光(QCL-IR)法を採用し、窒素化合物ガス4成分(NO、NO2、N2O、NH3)を高速かつリアルタイムで測定します。尿素SCR、リーンNOxトラップ(LNT)、連続再生式トラップ(CRT)など後処理システムの研究開発に最適です。

カタログダウンロード

製品詳細ページ

フーリエ変換赤外分光(FTIR)法と多変量解析の手法を組み合わせ、エンジン排ガス中の最大28成分の濃度を同時に連続測定します。ディーゼルNOx後処理システムの評価にも対応します。オプションモジュール搭載により、THC、O2の測定も可能です。

カタログダウンロード

製品詳細ページ

直挿形空燃比計 MEXA-730λ

排ガス中の空燃比計測専用に設計したUEGOセンサで、エンジンの空燃比、空気過剰率、酸素濃度をリアルタイムで測定します。テストセルから車載によるリアルワールド計測に至るまで、多様な計測シーンに対応します。

カタログダウンロード

製品詳細ページ

硫黄分析計 MEXA-1170SX

紫外蛍光(UVF)法により、排ガス中の硫黄化合物を広範囲に連続ダイレクト測定します。サンプリングポイントから検出器までを加熱するWet測定で、高速応答を実現します。サンプリングポンプを内蔵したコンパクト設計により、省スペースで測定が可能です。

カタログダウンロード

製品詳細ページ

お問い合わせ・見積・カタログダウンロードはこちら
電話受付時間/9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日を除く月〜金)