株式会社堀場製作所とそのグループ会社(以下、「HORIBAグループ」といいます。)は、HORIBAグループソーシャルメディア公式アカウントの運営において、遵守すべき姿勢・行動を以下のとおり定めます。なお、ソーシャルメディアとは、ブログ、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、動画共有サイト等ユーザが情報を発信し、コミュニケーションを可能にするメディアをいいます。

  1. ソーシャルメディア参加の目的
    HORIBAグループは、社是「おもしろおかしく」のもと、ソーシャルメディアを通じてオープン&フェアな姿勢でHORIBAグループの情報を発信し、お客様やステークホルダーのみなさまとのコミュニケーションを通して、より多くのみなさまに愛される企業になることをめざします。具体的には、以下の目的で、ソーシャルメディアに参加いたします。

    1. お客様と良好な双方向コミュニケーションを行うこと。
    2. お客様のニーズなど、情報収集に努め、製品の改良や新製品の開発に繋げること。
    3. ステークホルダーのみなさまの貴重なご意見やご感想をうかがい、HORIBAグループに求められている価値やソリューションが何かを深く理解すること。
    4. HORIBAグループの製品やサービス、イベント等に関する情報、そしてその製品やサービス、イベント等にかけるおもいを、より多くのステークホルダーのみなさまに知っていただくこと。
    5. ステークホルダーのみなさまとのコミュニケーションを通じて、ステークホルダーのみなさまの満足度、そしてHORIBAグループへの信頼を高めること。

  2. ソーシャルメディア参加にあたっての心構え

    1. HORIBAグループは、ソーシャルメディア利用において、利用者が発信した情報に不特定多数の第三者がアクセスできること、および一度発信した情報は完全には取り消せないことを十分に意識した上で、責任のある言動を心がけます。
    2. HORIBAグループは、ソーシャルメディア上で従業員一人ひとりの行う情報発信や対応が世の中に少なからず影響を与えることを意識し、誤解を与えないように注意します。
    3. HORIBAグループは、傾聴の姿勢を忘れず、ステークホルダーのみなさまの声に耳を傾けます。

  3. HORIBA関係者に対して求めること
    HORIBAグループは、HORIBAグループ全社における役員、正社員 、契約社員、アルバイト、パートタイマー、嘱託再雇用社員、派遣社員、委託先事業者、研修者並びにその他HORIBAグループの施設内で通常勤務する者及びHORIBAグループの情報システムを利用する者(以下、総称して「HORIBA関係者」といいます。)に対し、ソーシャルメディアの利用全般に関わる心構えを示したガイドラインを定めています。HORIBAグループの公式アカウントを運営するHORIBAグループ従業員のみならず、ソーシャルメディア全般を利用するHORIBA関係者がガイドラインを理解し、自己の行動に責任を持ってソーシャルメディア上の対話に臨むことが求められています。
  4. ソーシャルメディアご利用のみなさまへ
    HORIBAグル―プが、現在運営しておりますHORIBAグループソーシャルメディア公式アカウントは、以下からご覧いただけます。

    • HORIBAグループソーシャルメディア公式アカウント一覧
      公式アカウントを運営するHORIBAグループ従業員がソーシャルメディアにおいて発信する情報は、必ずしもHORIBAグループの公式発表・見解をあらわすものではありません。HORIBAグループの公式な発表・見解の発信は、HORIBA Webサイトおよびニュースリリース等で行っています。

  5. お問い合わせ
    HORIBAグループのソーシャルメディアポリシーおよびソーシャルメディアの利用に関するお問い合わせは以下よりご連絡ください。

HORIBAグループソーシャルメディア利用規約