「AFLAKING」が通知法に

2008年7月26日


「AFLAKING」は分析機器の総合メーカーである堀場製作所が開発したアフラトキシン用イムノアフィニティーカラムの名称です。日本国内においては堀場アドバンスドテクノが平成19年12月より販売しています。「AFLAKING」は従来品と比較して大幅に有機溶媒に対する耐性を向上させた抗体を使用しており、アセトニトリル抽出した食品のアセトニトリル濃度を20%へ希釈するのみで適用可能で、アフラトキシンの回収率80%以上を実現しています。これまでより少ない希釈で使用できるようになったため、クリーンアップの時間を大幅に短縮し、これまで難しかったスパイス類への適用も可能になりました。

「AFLAKING」は優れた選択性と実用性を備えた「イムアフィニティーカラム」であることが認められ、厚生労働省によるアフラトキシンの通知試験法で、これまで「多機能カラム法」だけが認められていたクリーンアップ法に「イムノアフィニティーカラム法」が追加され、該当製品として「AFLAKING」が収載されています。
(平成20年7月28日付 食安監発第0728004号)