有機性汚濁物質測定装置(UV計) CW-150

概要

長期安定した高精度測定を実現
有機性汚濁物質自動計測器CW-150は、独自の回転セル長変調方式を採用することにより、汚れによる影響を受けない高精度測定を可能にしたUV計です。
工場排水、河川、海域など水質総量規制の有機汚濁物質や、水源地・プロセスラインにおける有機物などを連続測定します。

また多彩な機能でCODを測定する自動COD測定装置もラインナップしています。

 

特長

  • 独自の回転セル長変調方式を採用
    セル長の異なる測定値を得るため、汚れなどの影響を受けない計測が可能
  • 独自の連続洗浄方式を採用
    測定しながら洗浄するため、常に安定した測定値を得られます
  • 配管を入口と出口でまとめたから、設置工事が簡単
  • ワイドレンジで分解能も向上
    高濃度な原水も、処理後の低濃度水・放流水も計測可能
  • pH計一体型やキュービクル型など、用途でタイプが選べます
  • タッチパネルで操作が簡単・直感的

製造会社: HORIBA Advanced Techno

仕様

形式

CW-150A

測定項目

UV吸光度、VIS吸光度(COD換算濃度、濁度換算濃度)

測定原理

2光路2波長セル長変調方式

測定波長

紫外線:253.7nm、VIS:546.1nm

測定範囲

UV吸光度/VIS吸光度(セル10mm換算)
フルスケールが0~0.1Abs、0~5.0Absのいずれか
(0.1Abs刻み設定可能)

最小メモリ値

0.0001Abs(設定で0.001Abs に変更可能)

繰り返し性

フルスケールの±2.0%以内(ただしフルスケールが2.6~5.0Absはフルスケールの±5.0%以内)

直線性

フルスケールの±2%以内(ただしフルスケールが2.6~5.0Absはフルスケールの±5.0%以内)

安定性

フルスケールの±2.0%/24時間以内(ただしフルスケールが2.6~5.0Absはフルスケールの±4.0%/24時間以内)

応答性

T90 1分以内(流量5L/minにて)

洗浄方法

自動ワイパー洗浄(自動連続洗浄)

表示方式

LCD表示:320×240ドットバックライト付き白黒グラフィック液晶(タッチパネル式)

試料水条件

温度:2~40℃(凍結しないこと)
試料水水量:最小2L/min、最大20L/min
※試料水が凍結する恐れがある場合、断冷保温措置を施工してください

アナログ出力

点数:3点(標準)

UV吸光度、VIS吸光度、UV-VIS吸光度、COD換算濃度、濁度換算濃度より任意3点選択可能

接点出力

点数:6点(標準)

電源断、保守中(標準、固定割当)、
一括警報、COD上限警報、濁度上限警報、光源異常、サンプル断、洗浄モータ異常、分析計異常、より任意4点選択可能

接点入力

点数:2点(標準)

サンプル断フロートスイッチ入力、時刻修正入力

通信

RS-232C準拠 通信速度:19200bps

データメモリ

メモリ間隔:1分または1時間

メモリ時刻:毎正時

※最新データをメモリしていきます(本体/CFカード転送)

周囲温湿度

周囲温度:0~40℃、周囲湿度:85%以下

配管接続口

試料水入口:SUS Rc1/2ソケット、排水口:PVC VP65

電源

100~230V AC ±10% 50/60Hz

構造

屋外設置型

外形寸法

527(W)×600(D)×1600(H)

質量

約70kg