高濃度タイプ <HE-480H>

概要

工業用導電率計 HE-480Hは、4電極法を採用した高濃度タイプの導電率計で、0~50S/mのワイドレンジ測定が可能です。各種薬液の濃度管理から水耕栽培の液体肥料の濃度管理まで、幅広く対応します。

特長

  • 50S/m(500mS/cm)までのワイドレンジ測定が可能
    各種原材料となる溶液の濃度管理から塩分濃度測定や液肥の管理まで、さまざまな用途に適しています。
  • 海水塩分・NaCl塩分換算機能を搭載
    導電率との換算データを基に、塩分濃度に換算して表示します。
  • 多様な温度補償に対応
    測定液の温度特性に応じた温度補償を選択することが可能です。
  • センサの良否を自己判定
    センサの劣化を自動的に判定し、エラーメッセージを表示します。
  • 鉛フリーはんだを採用
    環境負荷を低減するため、プリント基板への部品の実装時に使われるはんだを鉛フリー化しています。

製造会社: HORIBA Advanced Techno

仕様

型名

HE-480H

測定方式

電極式(4電極方式)

セル定数

1.0/cm

測定範囲

導電率 0.00〜20.00, 0.0〜200.0  mS/cm
    (0.000〜2.000, 0.00〜20.00 S/m)
海水塩分換算 0.00〜4.00 %
NaCl塩分換算 0.0〜20.0 %
但し200.0mS/cm(20.00S/m)のレンジは基準温度25℃にて温度係数任意設定±3.5%/℃までの測定が可能。温度補償なしで500.0mS/cm(50.00S/m)レンジの測定が可能。

温度 0〜100℃(小数点以下なし、1桁、2桁選択表示可)

繰り返し性

±0.5%フルスケール以内(等価入力にて)
但し塩分換算表示および500.0mS/cm(50.00S/m)レンジは±1%フルスケール以内

直線性

±0.5%フルスケール以内(等価入力にて)
但し塩分換算表示および500.0mS/cm(50.00S/m)レンジは±1%フルスケール以内

伝送出力

伝送出力:4〜20mA DC 入出力絶縁形
接点出力:警報接点出力(R1、R2)

校正機能

導電率、 温度

伝送出力ホールド機能

直前値ホールド、任意値ホールド、連続 より選択設定
(但しメンテナンスモードでは、直前ホールドになります)

自己診断機能

センサ診断、測定範囲外、A/Dコンバータスケールオーバー、変換器異常

温度補償

・NaClの温度特性
・基準温度と温度係数任意設定

電源

定格電圧100〜 240VAC 50/60Hz 10VA(max)

保護構造

パネル部:IP65(IEC60529,JIS C0920)

適合規格

CEマーキング、FCC規則

外形寸法

48(W)×96(H)×115(D)
ケース奥行:約105mm(パネルマウント時)

質量

約400g

適合センサ

FESシリーズ導電率センサ セル定数1.0/cm
(センサ型式により測定できる範囲が異なります)

すみません、このアーカイブピリオドに翻訳された情報記事がありません。

2017/02/22 - 対象テーマは「人の生活を豊かにする水計測」

詳細

2016/12/08 - 工場排水試験法JIS K 0102が2016年3月22日改正され、溶存酸素(DO)の飽和濃度が変更されました。

詳細

関連製品

工業用導電率計(低濃度タイプ) HE-480C

HE-480Cは温度補償性能が高く、半導体の純水管理からボイラ水の水質管理まで、幅広く対応できる高機能な電気伝導率計(導電率計)です。

2チャンネル導電率計(低濃度タイプ) HE-960CW

純水や注射用水などの電気伝導率(導電率)を高精度に計測