溶存酸素計 スタンダードタイプ <HD-480>

概要

工業用溶存酸素計HD-480は、排水処理における活性汚泥槽やボイラー水、河川などの水質管理の指標となる溶存酸素濃度を連続測定します。
組み合わされる使い捨てタイプのセンサは、膜交換をする必要がありませんので、どなたにも簡単にお使いいただけます。

特長

  • センサはワンタッチで交換
    ディスポーザブルタイプ(使い捨てタイプ)のセンサですので、ワンタッチで交換することができます。
    従来タイプのセンサで必須の膜交換や内部液の補充など、熟練した技術を要する作業はありません。
  • 2種類のスパン校正
    スパン校正は従来の飽和液校正と、シンプルで簡単に行える大気校正の2種類から選択できます。
  • 塩分補正機能
    測定サンプルの塩分濃度を元に、自動的にデータ補正を行う機能を搭載しました。
    淡水、海水ともに正確な測定が可能です。
  • 鉛フリーはんだを採用
    環境負荷を低減するため、プリント基板への部品の実装時に使われるはんだを鉛フリー化しています。

製造会社: HORIBA Advanced Techno

仕様

製品名

工業用溶存酸素計

型名

HD-480

測定方式

ガルバニ電池法

測定範囲

溶存酸素   0〜20mg/L : 分解能0.01mg/L
飽和度    0〜200%  : 分解能1%

温度     0〜40℃  : 分解能0.1℃

繰り返し性

±0.5%フルスケール以内(等価入力にて)

直線性

±0.5%フルスケール以内(等価入力にて)

伝送出力

4〜20mA DC 入出力絶縁形
最大負荷抵抗 :900Ω
伝送出力レンジ:測定範囲内で任意設定可

接点出力

出力点数:2点
警報接点出力(R1、R2)
  接点形態:リレー接点、SPDT(1c)
  接点容量:240V AC 3A、30V DC 3A(抵抗負荷)
  接点機能:上、下限動作(ON/OFF制御)
       異常警報、保守中、温度 より選択設定

校正機能

大気校正、溶液校正
塩分補正
温度校正

伝送出力ホールド機能

直前値ホールド、任意値ホールド、連続 より選択設定
(但しメンテナンスモードでは、直前ホールドになります)

自己診断機能

校正不良、センサ診断、測定範囲外、変換器異常

電源

定格電圧100〜240VAC 50/60Hz 10VA(max)

構造

パネル取付け屋内設置型
パネル部 防滴構造

保護構造

パネル部:IP65(IEC60529,JIS C0920)

適合規格

CEマーキング、FCC規則

外形寸法

48(W)×96(H)×115(D)
ケース奥行:約105mm(パネルマウント時)

質量

約400g

適合センサ

プローブ:DP-100
センサ:5400、5405

関連製品

隔膜破れ、プローブ浸水自己診断機能搭載

隔膜破れ、プローブ浸水自己診断機能搭載