Windows(R) XPから7にバージョンアップのご案内

2014年6月16日


HORIBAテクノサービスは、ご愛用製品でお使いのパソコンをWindows®XPから7へのバージョンアップに対応いたします。

Q. なぜバーションアップをしないといけないのですか?

A.  Windows®XPサポートが終了すると、セキュリティ更新プログラムの提供も終了します。そのため

  • お使いのパソコンがコンピュータウィルス感染の危険にさらされます。
  • お使いのパソコンで作成した報告書や検査結果のデータがコンピュータウィルス感染する可能性が高くなります。さらに、ウィルスに感染したデータをUSBメモリやメールに添付で社内外に配布してしまう恐れがあります。
  • 操作コンピュータと測定装置を通信させるために利用している、PC内の外部基板がWindows®7に対応していないため、通信基板故障時は、Window®7対応へハードウェアも含めバージョンアップが必要になることがあります。 (例: SCISカード)

Windows®XPを引き続きご利用になる場合は

お使いのパソコンからLANケーブルを抜いておく、無線LAN機能を無効にするなど、インターネットやメールを使わず、他のパソコンともネットワークで接続をしないようにすれば、ウイルスや不正アクセス被害に遭う可能性を低減できます。

 お申し込み、お問い合せは今すぐ!  お手持ちの装置が対象機種でない場合でもお気軽にお問い合せください。

1.対象機種

粒子径分布測定装置 LA シリーズ

ナノ粒子解析装置 SZ-100シリーズ

フーリエ変換赤外分光光度計 FT

  • FT-7x0

エネルギー分散型X線分析装置 EMAX シリーズ

EMAXバージョンアップのお知らせ(1.7MB)

蛍光X線分析装置 XGTシリーズ

  •  MESA-500W

※データ管理ソフトウェアはエクセル2003に対応しています。ご利用ソフトウェアのバージョンにより、事前に仕様確認が必要になる場合がございます。

酸素・窒素分析装置  EMGA シリーズ

炭素・硫黄分析装置 EMIA

ラマン分光装置 LabRam

ラマン分光装置 XploRA

高周波グロー放電発光 GD profiler

  • JY-5000RF

 

2.注意点

  • その他の製品については、現在、Windows®7上での動作確認中です。
  • ご利用オプションにより、事前に仕様確認が必要になる場合がございます。
  • お手持ちの装置・お名前をお知らせくださればすぐに確認いたします。

お近くのサービスステーションへお気軽にお問い合わせください。 

 

Windows OS バージョンアップのお問い合せフォームへ


過去のニュース

Windows OS バージョンアップのお問い合せフォームへ