大気汚染監視

測定対象

    PM2.5自動成分分析装置 PX-375

    概要

    粒子状物質の質量濃度と元素濃度をオンラインで自動分析

    微小粒子状物質(PM2.5)の質量濃度測定に加え、含有元素の成分分析も1台で同時にできる装置です。PM2.5などの大気汚染問題が注目されている中、効果的な対策を行うためには質量濃度だけでなく、PM2.5などの粒子状物質は何で構成されているのか、どんな発生メカニズムかを解明することが重要です。本装置を通じて大気汚染の原因解明や対策の研究に貢献していきます。

    特長

    • フィールドにおいて1台で粒子状物質の質量濃度と元素濃度の連続測定が可能
    • 世界で信頼されている分析技術、蛍光X線分析とβ線吸収法を採用
    • 独自開発フィルタにより、低濃度かつ高精度測定を実現
    • カメラ搭載により、フィルタに捕集された粒子の捕集状態の観察ができ、より正確な大気汚染発生源の推定が可能

    [表1]最小検出感度(例)(2σ)(ng/m3

    [表2]検出可能元素

    定量可能元素(SRM2783[Air Particulate on Filter Media]にて校正)
    *定量するためには、測定対象を含んだ標準試料が必要となります
    *その他元素に関してはお問い合わせください

    開発中のため、仕様・外観等を予告なく変更することがあります。
    ご購入ご検討のためのデモをご希望の場合はお問合せください。


    製造会社: HORIBA

    仕様

    製品名

    PM2.5自動成分分析装置

    型式

    PX-375

    測定対象

    大気中の粒子状物質(PM10、PM2.5、TSP)

    測定内容

    粒子状物質の質量濃度及び元素濃度

    質量分析部

    測定原理

    β線吸収法

    測定レンジ

    0〜200/500/1000μg/m3

    再現性

    ±2%(感度確認用ホイル値に対して)

    最小検出感度(2σ)

    ±2μg/m3(24時間)

    試料採取測定時間

    0.5/1/2/3/4/6/8/12/24時間

    流量

    16.7L/min

    線源

    14C

    フィルタテープ

    PTFE + 不織布

    フィルタ送り量

    20/25/50/100mm

    フィルタテープ交換時期

    約1カ月間(送り量100mmの場合)

    元素分析部

    測定原理

    エネルギー分散型蛍光X線分析法

    検出可能元素

    検出可能元素(表2)参照

    1次X線フィルタ

    軽元素・重元素用を自動切替

    管電圧

    15kV、50kV自動切替

    検出器

    SDD (シリコンドリフト検出器)

    試料画像

    CMOS カメラ

    最小検出感度(2σ)
    (EPA IO 3.3)

    最小検出感度例(表1)参照

    X線安全機構

    X線インターロック機能

    鍵付きスイッチ

    X線出力表示灯

    共通

    供給電圧

    AC100V〜240V ±10%、50/60Hz±1%

    消費電力

    約400VA

    外形寸法

    430mm(W)×550mm(D)×285mm(H)(突起物を除く)

    ポンプ

    リニア駆動フリーピストン方式、別置き

    動作保証温度

    5〜35℃

    性能保証温度

    10〜30℃

    湿度

    0〜30℃まで80%、31〜35℃まで相対湿度80〜65%まで
    直線的に減少、結露なきこと

    重量

    約40kg

    データ保存

    CSVファイル形式
    (PM2.5質量濃度および元素濃度の時間平均値)

    外部接続

    EthernetTM、USB、RS-232C

    標高

    使用可能高度 1000m以下

    Ethernetは日本における富士ゼロックス株式会社の商標です。
    *装置構成については別途相談ください

    外形寸法図・他(単位:mm)