新製品紹介 : 次世代統合排ガス計測プラットフォーム  HORIBA ONE PLATFORM

製作者: 浦谷 勝己

2013年4月 8日


HORIBA ONE PLATFORMは,排ガス計測分析装置(MEXA)や希釈サンプリング装置(CVS)を中心とする排ガス計測システムの統合計測プラットフォームとして,2012年5月にMEXA-ONEと共に同時リリースされた。現行市場に約5000台販売実績のあるMEXA-7000の後継機種としてのMEXA-ONEは,このHORIBA ONE PLATFORM上に構築された排ガス分析アプリケーションである。高い拡張性を装備することで多様な計測システムを実現し,予防保全などの充実による稼働率の高い計測システムを提供する。それが,HORIBAONE PLATFORMである。

HORIBA ONE PLATFORM is the integrated measurement instrument platform for exhaust gas measurement system, which includes exhaust gas analyzer, constant volume sampler and other instruments. This has been released in May 2012 at the same time with MEXA-ONE. MEXA-ONE is the successor of MEXA-7000 which has been recorded more than 5000 sales in the world. MEXA-ONE is one of the instrument application created on the HORIBA ONE PLATFORM. MEXA-ONE application was developed using the concept of HORIBA ONE PLATFORM and takes advantage of its functionalities and features. This integrated measurement instrument controller provides full support for daily operation such as auto start-up sequence, etc. And furthermore, HORIBA ONE PLATFORM can provide higher test cell efficiency and availability by integrating preventive maintenance functions and self-diagnostic function such as monitoring core parameter of analytical devices, etc.

PDFをダウンロード (9.7 MB)


最新論文をRSSで

最新Readoutの論文ご購読(RSSフィード)はこちらから。

PDF形式のファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。上のボタンから、アドビシステムズ社のダウンロードページにアクセスすると、無料で入手することが出来ます。