トリプルラマン分光装置 T64000

概要

トリプルラマン分光装置 T64000は、低波数域でのマルチチャンネル測定が可能な差分散モードをはじめ、高分解能が得られる加分散モード、通常の差分散モードよりもさらに広い波長範囲が同時測定できる低分散グレーティング採用など、マルチチャンネルディテクタ(CCD)の性能を十分に発揮させることができるラマン測定モノクロメータです。

特長

  • 差分散・加分散
  • シングル分散モード対応
  • オリジナル顕微鏡によるアプリケーションの拡大
  • 収差補正グレーティング(PACグレーティング)や無収差光学系採用
  • 紫外マイクロPL、可視ラマン装置の兼用バージョン可能

製造会社: HORIBA Scientific

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

HORIBA
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)

[大型連休にともなうお知らせ]
2020年8月12日(水)より2020年8月14日(金)までの間はカスタマーサポートセンターの業務を休業させていただきます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。※8月10日(月祝)はフリーダイヤルによるお問い合わせは承っておりません。