サイバーセキュリティ/機能安全/EMC

ビークルレジリエンス
サイバーセキュリティ/機能安全/EMCの統合エンジニアリング

HORIBA MIRAは、車両サイバーセキュリティ、機能安全、EMCといった自動車業界において注目が高まっている重要分野の開発チームを「ビークルレジリエンス(略:VRES)」として統合いたしました。VRESは安全性、セキュリティ、コネクティビティの面から製品開発をサポートいたします。

この分野は、プロアクティブ・防御的設計、リアクティブ・抗体的エンジニアリングとソリューションを組み合わせた統合アプローチが重要であり、法規要件も満たす強固なフレームワークの開発が必要となります。

HORIBA MIRAは、各エリアのスペシャリストエンジニアの連携、および14を超える最先端の試験設備によりサービスをご提供いたします。

自動車機能安全

機能安全は、車両システム全体の安全確保において重要な役割を果たし、主に車両の電気電子システムの故障により引き起こされる不合理なリスクやハザードを考慮したものであり、ISO26262の規格に規定されています。

SOTIFは、電気電子システムの機能の限界・欠陥、もしくは人による誤使用により引き起こされる不合理なリスクやハザードへの対応として機能安全をサポートするもので、ISO PAS21448がその規格です。これらのベストプラクティス及び最新の標準への対応により、SOTIF含む機能安全におけるリスクの低減と、必要なマネジメントシステムの構築・改善により、お客様の安全な製品開発をサポートします。

EMC(Electro Magnetic Compatibility)

EMC(Electro Magnetic Compatibility:電磁両立性)、コネクティビティ、EMF(Electro Magnetic Fields)を考慮した複合領域のシステムズエンジニアリングアプローチです。

HORIBA MIRAは以下を含む幅広いサービスをご提供いたします。

  • 早期段階におけるリスクの特定・緩和
  • リスク低減する設計先行型開発
  • 開発後期の後戻り設計を避ける重要設計事項の決定
  • 有線・無線環境での実路における性能を考慮した上で、車両開発時に達成されるべき評価基準のコンサルティング

 

車両開発は複雑化していますが、当アプローチによって電気コンテンツの統合、EMC性能、品質ブランドへの影響に関わるリスクを低減します。

HORIBA MIRAは、お客様のご要望地域における法規に適合した開発・評価手法によりサービスをご提供いたします。

自動車サイバーセキュリティ
エンジニアリング&ソリューション

自動車セキュリティ問題は、従来、盗難防止対策に関連してきましたが、自動車のコネクティビティおよび自動運転機能の増加により、有線・無線接続、ADAS用のセンサーといった外部インターフェースと電気・電子システムをサイバーアタックや誤使用から防ぐことが重要になっています。

また、サイバーセキュリティの重要性の高まりからISO/SAE21434&SAEJ3061のような新たな規格・標準も開発されており、コネクテッド・自動運転車両開発における強固なエンジニアリングソリューションが求められます。

HORIBA MIRAは、幅広いサービスをご提供いたします。

  • エンジニアリングコンサルティング
  • サイバーセキュリティプロセス開発
  • サイバーセキュリティ試験&評価
  • サイバーセキュリティオペレーション(V-SOC)ソリューション
  • 技術セミナー&トレーニング

 

HORIBA MIRAは、国際標準化・規格委員会への参加など、長年にわたり自動車サイバーセキュリティ開発を行ってまいりました。これらの知見や経験から安心・高品質のサポートをご提供いたします。


SNS

    

    

HORIBAグループ企業情報