導入施設の紹介

main

北海道
まえたに動物病院

医院長・獣医師 前谷 茂樹先生

使用機器: 動物用自動血球計数装置MicrosemiLC-662
測定項目: CBC

肝疾患、消化器疾患を疑う場合には、血液生化学検査と同時にCBC検査をします。手術をする場合には、貧血の有無および血小板数を確認する事が重要ですので、CBC検査は必須です。
DICを疑う場合には、血小板の検査を実施します。

Q1
先生のご専門は何ですか?
A1
軟部組織外科が専門で、肝疾患を多く診ています。特に、門脈体循環シャントの治療には力を入れています。猫では、尿管疾患が増えています。
Q2
1日に何匹くらい診察されますか?
A2
イヌは約60匹、ネコは約20匹程度です。
Q3
1日のCBCの検体数はどのくらいですか?
A3
CBCを検査するのは1日に30検体です。
Q4
LC-662を導入されてから、何が変わりましたか?
A4
以前使用していた機器が大きなサイズでしたが、装置が小型化されたため、検査室の顕微鏡のスペースに余裕が生まれました。また、装置の稼働音が静かになりましたし、終了操作が楽になりました。動物は採血中に動く事が多く、十分な血液サンプルが得られない事があるので、微量で検査が可能な装置は助かります。
Q5
どのようなときに、CBCの検査をしますか?
A5
肝疾患、消化器疾患を疑う場合には、血液生化学検査と同時にCBC検査をします。手術をする場合には、貧血の有無および血小板数を確認する事が重要ですので、CBC検査は必須です。DICを疑う場合には、血小板の検査を実施します。

検査結果や画像を見て頂きながら、わかり易く説明すること、飼い主様にわからない事があればすぐに質問出来る雰囲気を作れるように心掛けています。

Q6
CBCを測定して良かった症例を紹介して頂けますか?
A6
動物の場合には、ヒトのように問診をする事ができませんので、問診の代わりに、検査データから情報を得る事が多いです。
Q7
測定結果はどのように報告されますか?
A7
血液検査の測定結果は、データ管理ソフトに取り込まれ、過去の検査結果とともに自動的に印刷されますので、それを毎回飼い主様に渡しています。以前の検査と比較することも可能ですし、データを書き写す必要がないので、飼い主様には喜んで頂いています。
Q8
採血法を教えてくださいますか?
A8
当院では飼い主様に前肢など上半身を保定して頂き採血するので、サフェナからシリンジ採血する事が多くなります。サフェナでは採血量が少なくなる傾向が多いので、微量で検査可能な本装置には満足しています。
Q9
先生のモットーは何ですか?
A9
病気の原因や治療経過などをわかり易く説明して、飼い主様の合意を得て治療を進めるようにしています。その際、検査結果や画像を見て頂きながら、わかり易く説明すること、飼い主様にわからない事があればすぐに質問出来る雰囲気を作れるように心掛けています。これは皆さんやられていることですが、動物にもやさしく声をかけるようにしています。特に猫は怖がりなので、診察前に十分なスキンシップをとるように心掛けています。そうすることにより、診察中の猫がとても大人しくなったと言われることが多くなったのと、飼い主様の猫に好かれる事が多くなりました。
【CBC】


(全血検査)赤血球・白血球・血小板等の血液中の有形成分の数と形態を検査。全身の容態を把握することができる。

施設インフォメーション
編集後記

インタビューをさせて頂いた際、はじめての私にも気さくに接して頂き、その後の編集作業も含めて、楽しく施設紹介を作成させて頂く事ができました。飼い主様および飼い主様の動物にも、同じように接していらっしゃる事が、先生のモットーの中でも紹介して頂いていますので、まえたに動物病院の人気の秘密を垣間見る事ができました。
                                            (2016年9月取材)

※掲載している情報は取材時点のもので、現在とは異なる場合がございます。

トップへ戻る

サイトサポート

© HORIBA, Ltd. All rights reserved.