To be a Preferred Partner
「はかる」技術で世界の医療を支える

技術の力を、健康を守るための力として最大限発揮したい。
医療分野に向けておくるHORIBA Medicalからの願いです。

分析計のトップメーカとして、高い技術力を評価いただいているHORIBA。
私達はその技術力を医療分野で活かしたいと考えました。その場ですぐに測定できる小型の血球計数装置から、検査室の運用にあわせた多検体処理の装置まで、クリニックや病院・検査センターに提供しています。
「はかる」技術を健康のために。
これからも高度な分析・計測技術を活用し、臨床検査を通じて、さらなる医療の進歩に貢献します。

分析する医療へ 全血POCTのHORIBAメディカル

「診療の現場、患者の近くで検査する。」それがPOCT(point of care testing)という考え方。
検査した結果を、診療の場ですぐに判断できれば、早期発見・早期治療につながり、危急の病状にも的確に対応できます。
HORIBAメディカルはこのPOCTを、迅速で扱いやすい仕組みにするため、前処理の必要がない全血による測定で、「全血POCT」として提案。診療所および病室や緊急の現場でも手軽に扱えるシステムとして提供しています。
全血POCT」なら、一回の検査でEBM(evidence-based medicine:根拠に基づく医療)を提供でき、また、患者様とのインフォームドコンセントを通した信頼向上に大きく貢献します。
これからは、分析する医療へ。HORIBAメディカルからの提案です。

医用を支えるグループ会社の紹介と取り組み

ホリバABX社
長年協力体制を築いてきたフランスのABX社(現ホリバABX社)を、1996年にグループ会社の一員としてHORIBAに迎えいれました。ホリバABX社は、臨床検査用機器・試薬の専門メーカで、各国でその技術力に高い評価を得ております。これにより、双方の技術交流をより図ることができ、お互いの技術力を融合して新たな製品開発に取り組んでいます。また、販売面、サービス面においても相互に協力し、全世界に製品を供給しています。

ホリバ・ABX社のサイトへ

お客様に『+α』を提供するために
私たちは、HORIBAの高度な技術と、ホリバABX社のノウハウを融合させ、血球計数とCRPを同時に測定できる、従来無かった製品を生み出しました。「お客様が本当に必要なものを、必要なときに」。これまでは、測定技術がまったく異なるために一つの装置では測定できなかった測定項目を、既成概念にとらわれない発想で融合させました。私たちは、この血球計数+CRP測定装置をはじめとし、医療の分野に『+α』を提供できる製品を提案していきます。