エラーの原因と対処方法についてご紹介します。

▶ERROR №0001 メモリ異常

計器の本体内部メモリが読み書きできない状態になっています。

【原因】
 ①電源投入時のノイズなどにより正しく立ち上がらない
 ②内部ICの不良

【対処方法】
 ①ACアダプタを抜いてから約10秒間待ってON/OFFキーを押してください。
  それでも再発する場合はご購入いただいた代理店経由で修理を依頼してください。
 ②ご購入いただいた代理店経由で修理を依頼してください。

▶ERROR №0003 電極安定性不良

測定または校正時に3分以上電位が安定しなかったため、電極に異常があると判断しました。

【原因】
 ①サンプルの影響(サンプルが純水などの低伝導率であったり、pH濃度や温度が変化している)
 ②電極が汚れている
 ③電極が割れている
 ④電極の応答ガラス膜が長時間乾燥状態であった
 ⑤サンプルの温度が変化している

【対処方法】
 ①HOLDが点滅または表示中に再びMEASキーを押して、瞬時値測定にて測定してください。
 ②電極を洗浄してください。
  洗浄方法については下記のリンク先をご確認ください。
  電極のメンテナンス方法
 ③電極を新しいものに交換してください。
 ④内部液補充口を開けた状態で、純水に一昼夜ほど浸けてから測定してください。
  ※乾燥状態が長い場合、1日で復帰しない可能性もあります。3日間浸けてもエラーが出る場合は新しい電極に交換してください。
 ⑤サンプルの温度が安定してから測定をしてください。

▶ERROR №0004 不斉電位不良

電極の不斉電位が正常に測定できる設定範囲(±45mV)外であると判定しました。

【原因】
 ①電極が汚れている
 ②電極が割れている
 ③比較電極内部液の濃度が変化している
 ④正しく電極が接続されていない
 ⑤液絡部まで標準液が浸かっていない
 ⑥標準液の不良

【対処方法】
 ①電極を洗浄してください。
  洗浄方法については下記のリンク先をご確認ください。
  電極のメンテナンス方法
 ②電極を新しいものに交換してください。
 ③比較電極内部液を交換してください。
  内部液交換後すぐは値がふらつく可能性がありますので、1時間程度馴染ませてからご使用ください。
 ④正しく接続してください。
 ⑤電極の先から3cm以上浸けてください。
 ⑥新しい標準液を使用してください。
  標準液の使用期限はpH7と4が開封後6ヶ月、pH9は開封後3ヶ月が目安です。

▶ERROR №0005 感度不良(pH)

電極の感度が正常に測定できる設定範囲外(105%以上もしくは85%以下)であると判定しました。

【原因】
 ①電極が汚れている
 ②電極が割れている
 ③正しく校正ができていない
 ④標準液の不良
 ⑤電極が正しく接続されていない
 ⑥液絡部まで標準液が浸かっていない

【対処方法】
 ①電極を洗浄してください。
  洗浄方法については下記のリンク先をご確認ください。
  電極のメンテナンス方法
 ②電極を新しいものに交換してください。
 ③もう一度校正をやり直してください。
 ④新しい標準液を使用してください。
  標準液の使用期限はpH7と4が開封後6ヶ月、pH9は開封後3ヶ月が目安です。
 ⑤正しく接続してください。
 ⑥電極の先から3cm以上浸けてください。

▶ERROR №0007 標準液の判別不良

標準液の自動判別ができませんでした。
下記対策後、校正をやり直してください。

【原因】
 ①標準液の不良
 ②標準液の設定不良
 ③応答膜が乾燥、または汚れている
 ④比較内部液が不良、または汚れている
 ⑤応答膜が割れている、または劣化している

【対処方法】
 ①新しい標準液を使用してください。
  標準液の使用期限はpH7と4が開封後6ヶ月、pH9は開封後3ヶ月が目安です。
 ②計器設定と使用している標準液の規格が合っているか確認してください。
 ③応答膜を洗浄後、純水に一昼夜浸けてから測定してください。
  洗浄方法については下記のリンク先をご確認ください。
  電極のメンテナンス方法
 ④比較電極内部液を交換してください。
  内部液交換後すぐは値がふらつく可能性がありますので、1時間程度馴染ませてからご使用ください。
 ③電極を新しいものに交換してください。

▶ERROR №0008 校正間隔エラー

最後に校正をした日より、設定した日数以上経過しました。

【原因】
 校正間隔の設定日数を超えている

【対処方法】
 新規に校正を実施するか、校正間隔の設定を変更してください。

▶ERROR №0009 プリンタ通信異常

プリンタ通信時に異常が発生しました。
計器の電源を切って、下記対策を行った後、電源を入れ直してください。

【原因】
 ①プリンタユニットの接続不良
 ②プリンタの不良

【対処方法】
 ①プリンタユニット接続部を確認し、接続し直してください。
 ②プリンタを交換、もしくはご購入いただいた代理店経由で修理を依頼してください。

▶ERROR №0010 メモリデータオーバー

メモリデータ数がメモリ範囲を超えた

【原因】
 メモリ数オーバー

【対処方法】
 必要なデータは書き写すかPCに転送するなどして保存し、メモリデータを消去してください。

▶ERROR №000E

キーの動作が異常である

【原因】
 キーの接触不良、あるいは断線

【対処方法】
 ACアダプタを抜いてから約10秒間待ってON/OFFキーを押してください。
 それでも再発する場合はご購入いただいた代理店経由で修理を依頼してください。


水質製品情報


コンパクトpH・水質計

コンパクトpH・水質計  
税抜¥22,000~

平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


ポータブル/マルチデジタル水質計

ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


卓上型pH・水質計

卓上型pH・水質計  
税抜¥165,000~

ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


電極ラインアップ

電極ラインアップ 
pH・COND・ION・ORP・DO

測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。