マイクロトンネル MDLT-ONEシリーズ

フィルタでエンジン排ガスからのPMを採取する装置です。汎用エンジンから大型エンジンまで、さまざまなエンジン計測に対応します。

概要

MDLT-ONEは、エンジン排ガス中の粒子状物質(PM)の捕集装置です。
エンジン排ガスの一部を、もとの排ガス流量と採取排ガス流量との比率が常に一定になるように採取し、空気により一定流量に希釈する、分流希釈方式を採用。本方式により、最新規制の測定法に対応しながら、小型の希釈トンネルシステムを実現しました。
また、高精度なベンチュリ流量計とピエゾバルブの組み合わせにより、高速な流量制御応答が可能です。

特長

  • 設置がしやすいコンパクト設計
    加熱フィルタ装置と流量制御装置をワンラックに搭載しました。アーム型トンネルの採用により、自由度の高いレイアウトが組めます。オートフィルタチェンジャはラック内に搭載できるため、省スペースでご利用いただけます。
  • 自動校正ソフトを搭載、流量校正も簡単
    希釈空気と希釈排ガス用の2つのベンチュリ流量計の差を“0”にする自動校正ソフトを搭載。シーケンス機能の追加により、試験のテンプレートの自動立ち上げが可能です。
  • 統合計測プラットフォーム搭載
    HORIBA ONEシリーズ製品には、今後のシリーズ展開を前提とした共有のプラットフォーム「HORIBA ONE PLATFORM」を採用。複数の排ガス測定装置の制御管理をひとつに統合し、優れた操作性を提供します。

※オプションのため、ご購入時にご相談ください。

アプリケーション

エンジンのPMエミッション計測

・HVなど低排気量車両のエンジン挙動解析に有効
・マイクロトンネルによる中軽量車両のPM計測も可能

エンジン適合及び触媒開発

対応規制・規格

ISO-16183規格準拠
EU:Euro IV (重量車)
日本:ポスト・ポスト新長期規制
北米:40 CFR Part 1065/1066


製造会社: HORIBA

仕様

装置概要

PM捕集方法

分流希釈方式

希釈制御モード

分割比一定モード(トランジェント、定常) / 希釈比一定モード(定常) / 任意流量制御モード

希釈制御方式

リアルタイム制御方式 / 予測制御方式

排ガス流量信号

0〜10Vアナログ入力、アイソレート済信号

排ガス流量 qmdew

25〜80L/min※1(20 ℃、101.3 kPa換算での流量)

希釈比精度

CO2での誤差±5%以内
希釈比15の時、以下の希釈排ガス流量 qmdewにて53〜80L/min(20 ℃、101.3 kPa換算)

PM排出質量計算※2

積算流量値・平均希釈比等を用いたPM排出質量(g/test、g/kWh)算出、およびデータ保存

構成

装置構成

本体架台:マイクロダイリューショントンネル架台
操作ユニット:PC、モニタ、キーボード、マウス(テーブルは除く)

ユーティリティ

精製空気:希釈用空気、400〜700kPa、オイルフリー流量、100L/min以上(20 ℃、101.3kPa換算)

電源

本体架台:AC100/115/120/200/220/230/240V、50/60 Hz、単相
操作ユニット:AC 100/110/120/200/220/230/240 V、 50/60Hz、単相

消費電力

本体架台:最大3.0kVA
操作ユニット:最大0.5kVA

外形寸法

本体架台:570(W)×730(D)×1700(H)mm
操作ユニット設置用スペース:900(W)×500(D)mm、テーブル別

質量

本体架台:約300kg(操作ユニット除く)

フィルタライン数

DLT架台:最大6ライン(サンプル5、バイパス1)

フィルタホルダ

・φ70mmタイプ:直径70mm、有効径60mm
・φ47mmタイプ:直径47mm、有効径38.8mm(※1)(いずれもバックアップフィルタ有りも可能)

使用条件

サンプル圧力

大気圧〜40kPa、排気ラインの背圧1kPa以下

オプション

オートフィルタチェンジャ※3

PM捕集フィルタ(φ47mm)自動交換装置
シングルフィルタ方式 / マルチフィルタ方式 切り替え可能

フィルタ前切り替えバルブ

フィルタ前にエアバブルを追加 / バイパス状態でのサンプルフィルタの交換用

HOSTインタフェース※3

LAN通信(PC標準装備10BaseTポート使用) / IEEE802.3(ISO880 2/3)仕様に準拠

希釈用空気温調機/コンプレッサ

※1 フィルタ表面流速の規定値(100cm/s以下)より、φ47mmフィルタを使用する場合、体積流量換算で65L/minにする必要があります。
※2 PM排出質量計算にはPM捕集量の入力が必要です。エンジン出力あたりでの表示(g/kWh)時にあわせてエンジン出力(kW)も入力して下さい。
※3 ご購入時にHORIBAにご相談下さい。

お問い合わせ・見積・カタログダウンロードはこちら
電話受付時間/9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日を除く月〜金)