テストオートメーションシステム STARS VETS

最新の排ガス規制とRDE再現に対応したテストオートメーションシステムです。完成車両の排ガス試験の統合化を実現し、3rd Partyを含む計測機器の制御、車両データ収集、設備の起動から終了、試験データ解析まで、日々の研究開発業務をトータルサポートします。

カタログダウンロード

概要

最新の排ガス規制とRDE再現に対応
自動車開発におけるテストオートメーションプラットフォーム “STARS” シリーズに完成車両排ガス試験の統合化を実現する新ラインナップSTARS VETS が新登場。3rd Partyを含む計測機器の制御や車両データ収集だけでなく、設備の起動から終了、試験データの解析まで、日々の研究開発業務をトータルサポートします。
最新排ガス規制(WLTP/CFR part 1066)およびRDE(Real Driving Emissions)の実路再現に対応するアプリケーションパッケージを適時ご提供します。STARS EngineやSTARS Powertrainの実験データや諸元パラメータをSTARSプラットフォーム上でシームレスに連携させることで、開発全体を横断する、より効率的な自動車開発づくりの実現を図ります。

■システムブロック図
システムブロック図

特長

使い勝手のよい操作系

  • ワンクリックで試験実行
  • 最適化した画面構成による登録時間の短縮
  • 短時間トレーニングで操作習得

フレキシブルなシステム

  • 再現試験やPHV用繰返し試験へ簡単操作で適応
  • 車両内データやECUコンソール等のデータを時系列データとして統合
  • 計測サイクルやコーストダウン等の手順を組み合わせるだけでテストシーケンスを柔軟に作成

試験品質を飛躍的に向上

  • 複雑化する規制に対応し、演算シーケンスのグラフィカル表示により、容易に間違い箇所を特定可能
  • 設定変更が必要な項目を絞ることでミスオペレーションを回避
  • 試験結果レポートに計測データの計測判定結果を表示

一体型ドライバーズエイド

ドライバーズエイドの搭載により、目標車速と許容範囲、ギア切換えポイント、ユーザー定義のイベント等をグラフィカルに画面表示します。

  • STARS VETS上で利用可能なあらゆるデータを表示項目に設定可能
  • 走行画面サイズ・配置・スクロール方向(上下・左右)を選択可能
  • 目標車速と実車速の走行トレース拡大表示

液晶タッチパネルドライブモニタ
液晶タッチパネルドライブモニタ


製造会社: HORIBA

仕様

ラック

使用環境

温度:5〜40℃
湿度:相対湿度20〜80%(結露なきこと)
振動:0.03G以下

電源

電圧:AC 100,  200-240V±10% Max.250V
周波数:50/60±1Hz

標準のアナログのチャンネル数

16ch(12chは設定済, 4chは設定可)

外寸

幅570mm × 奥行き850mm × 高さ1000mm (突起物を含まず)

お問い合わせ・見積・カタログダウンロードはこちら
電話受付時間/9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日を除く月〜金)