高炉はその集約化が進む中、高い稼働率の維持が求められています。高炉を冷却するためのステーブクーラーには冷却水の配管が張り巡らされており、この冷却管が破損すると、高炉全体にダメージを与え、鉄の品質に影響を与えたり、高炉停止につながるおそれがあります。

課題

  • 冷却管の破損検知をしたい
  • 複数箇所をリーズナブルに検知したい
  • 大気混入か高炉からのガスリークか判断したい
  • 現場での目視だけでなく、遠隔での検知も実施したい

HORIBAの気泡検知器で破損箇所の早期発見・早期修復を可能に

特長

  • 気泡検知器を用いてリーズナブルにリークを監視可能
  • 樹脂製のため1kgと軽量で取り付けが簡易
  • 透明窓からの現場目視と内臓スイッチ信号による遠隔監視が可能
  • ガス種を判別するための検査用コック付き
  • ダブルコックで定検作業のポカミスを軽減

運用事例

  • 高炉での気泡検知用として

関連産業一覧

鉄鋼
お問い合わせ・見積はこちら