バイオマス発電

「地球温暖化対策、クリーンエネルギー」

バイオマス発電は、動植物などから生まれた生物由来の再生可能資源「バイオマス」を用いた発電です。バイオマスを直接燃焼する方式、バイオマスを高温で蒸し焼きにし、熱分解ガスを発生させて発電する方式、バイオマスを発酵させたバイオガスを用いて発電する方式などの発電方式があり、二酸化炭素(CO2)排出量を削減しやすい発電方法として注目されています。

HORIBAのソリューション

HORIBAは、発電効率向上や排ガス処理装置の運用・管理に貢献する装置をはじめ、バイオガスで発生するシロキサンなどの特殊ガスの連続分析装置など、幅広いラインアップの分析装置を提供し、バイオマス発電の課題解決に貢献しています。

図1:一般的なバイオマス発電

図1:一般的なバイオマス発電

図2:バイオガス発電

図2:バイオガス発電

関連カタログダウンロード

関連製品一覧

ENDA-5000シリーズ
詳細 ENDA-5000シリーズ

煙道排ガス分析装置

PG-300シリーズ
詳細 PG-300シリーズ

ポータブルガス分析計 

NZ-3000
詳細 NZ-3000

ジルコニア酸素計(酸素濃度計)

CODA-500
詳細 CODA-500

自動COD測定装置

TPNA-500
詳細 TPNA-500

自動全窒素・全りん測定装置

SLIA-5000
詳細 SLIA-5000

シリカ分析装置

AP-370シリーズ
詳細 AP-370シリーズ

微量濃度ガス分析計

H-1シリーズ
詳細 H-1シリーズ

現場形工業用水質計

HORIBAグループ企業情報