光沢計

HORIBAの光沢計は、目視に頼りがちな塗装や研磨など作業後の品質管理を数値化し、客観的なデータに基づく評価を可能にします。塗装、印刷、石材、非鉄金属などの製造ラインにおける品質検査で利用されています。

 グロスチェッカとは?
 光沢をはかるメカニズム
 実際の運用事例(お客さまインタビュー) 「100年、200年先まで輝く研磨加工技術を求めて」
 用途例

製品ラインアップ

IG-340
詳細 IG-340

ハンディ光沢計 グロスチェッカ

IG-410
詳細 IG-410

高光沢グロスチェッカ

IG-331
詳細 IG-331

ハンディ光沢計<グロスチェッカ>

光沢計アプリケーション

普段はあまり馴染みのない光沢計ですが、実は身近なところでたくさん活躍しています。どのように活用されているのかこちらのコラムでご紹介します。

 

HORIBAグループ企業情報