廃棄物発電

「廃棄物を資源のひとつへ」

廃棄物発電は、従来は焼却処理されていた廃棄物をエネルギー源とする発電 です。地球温暖化対策の1つとして関心が集まっていますが、発電効率自体は一般的な火力発電に比べて高くなく、ガス化溶融炉など発電効率を向上させる技術も注目されています。また、エネルギー源となる廃棄物には、プラスチックなどが混ざっていることがあり、これら由来の汚染物質の処理・監視も必要とされています。

HORIBAのソリューション

HORIBAは、発電効率向上や排ガス処理装置の運用・管理に貢献する装置をはじめ、一般的な火力発電では排出されない塩化水素(HCl)の連続分析装置など、幅広いラインアップの分析装置を提供し、廃棄物発電の課題解決に貢献しています。

図1:一般的な廃棄物発電

図1:一般的な廃棄物発電

図2:ガス化溶融炉

図2:ガス化溶融炉

関連アプリケーション一覧

●鉄鋼・精錬工場での環境対策に貢献

 質量濃度・金属成分濃度の計測による環境対策

関連製品一覧

ENDA-5000シリーズ
詳細 ENDA-5000シリーズ

煙道排ガス分析装置

TX-100
詳細 TX-100

直挿式レーザ塩化水素計

PG-300シリーズ
詳細 PG-300シリーズ

ポータブルガス分析計 

NZ-3000
詳細 NZ-3000

ジルコニア酸素計(酸素濃度計)

CODA-500
詳細 CODA-500

自動COD測定装置

TPNA-500
詳細 TPNA-500

自動全窒素・全りん測定装置

SLIA-5000
詳細 SLIA-5000

シリカ分析装置

AP-370シリーズ
詳細 AP-370シリーズ

微量濃度ガス分析計

H-1シリーズ
詳細 H-1シリーズ

現場形工業用水質計

HORIBAグループ企業情報