石油精製

石油精製プロセスでは、原油から燃料油・ガソリン・ナフサなどの物質を精製します。このプロセスは、流動接触分解装置(FCC)や水素化脱硫装置などさまざまな付帯設備から構成され、プロセスの効率的向上と管理が求められています。また世界的な環境規制の強化を背景とし、ガソリンや軽油などのサルファフリー化など、よりクリーンな燃料の精製も必要とされています。

HORIBAのソリューション

HORIBAは、各種プロセス効率向上・監視に用いる幅広いラインアップの分析装置を提供しています。特に可燃性のガス・蒸気・粉じんなどが混ざり、爆発性雰囲気となるおそれのある地域でも使用できるように、国内防爆認証を取得した機器を提供し、石油精製プロセスの課題解決に貢献しています。

図1:一般的な石油精製プロセス

図1:一般的な石油精製プロセス

関連製品一覧

ENDA-5000シリーズ
詳細 ENDA-5000シリーズ

煙道排ガス分析装置

ENDA-C9000シリーズ
詳細 ENDA-C9000シリーズ

煙道排ガス分析装置

PG-300シリーズ
詳細 PG-300シリーズ

ポータブルガス分析計 

PLGA-1000
詳細 PLGA-1000

プロセス用レーザーガス分析計

PX-375
詳細 PX-375

PM2.5自動成分分析装置

CODA-500
詳細 CODA-500

自動COD測定装置

TPNA-500
詳細 TPNA-500

自動全窒素・全りん測定装置

SLIA-5000
詳細 SLIA-5000

シリカ分析装置

AP-370シリーズ
詳細 AP-370シリーズ

微量濃度ガス分析計

H-1シリーズ
詳細 H-1シリーズ

現場形工業用水質計

51シリーズ
詳細 51シリーズ

防爆形プロセス用赤外線ガス分析計

HORIBAグループ企業情報