産業・医療ガス

産業ガスは鉄鋼・化学・ガラス・エレクトロニクス・造船・自動車・製紙・エネルギー・発電・食品・飲料など産業全般に広く使われており、医療ガスは人々のライフラインとして使われています。近年ではクリーンエネルギーとして水素(H2)が注目されています。ガスの製造方法は多岐に渡りますが、高純度のガスを製造するためには、ガス中不純物の監視などその品質管理が重要です。

HORIBAのソリューション

HORIBAは、炭酸ガス(CO2)・酸素(O2)・窒素(N2)・アルゴン(Ar)などさまざまなガス中不純物をppbレベルで連続分析する装置から、0-100%のワイドレンジの測定が可能な装置や、ガスボンベの温度管理に適した放射温度計まで、幅広いラインアップの分析装置を提供し、産業・医療ガス製造の課題解決に貢献しています。

図1:一般的な空気分離製造

図1:一般的な空気分離製造

関連アプリケーション一覧

●FCV用水素燃料製造に伴う不純物監視

 水素ガス中の不純物を高感度に連続計測

関連カタログダウンロード

関連製品一覧

HORIBAグループ企業情報