シロキサン類は潤滑性、撥水性、電気絶縁性が高いなど、いくつもの優れた特性があります。


その優れた特性から、シャンプー・リンスなどのパーソナルケア製品や電気・機械製品の内部で使用されるシリコーン製のゴムやオイル、接着剤などさまざまなものに含まれています。

優れた特性を持つシロキサンですが、バイオガス活用時には問題を引き起こす場合があります。

例えば、地球温暖化対策のひとつとして有効利用が期待されているバイオガス発電では、下水汚泥を資源としています。
そのため、生活排水からのシャンプーやリンスなどの影響でシロキサンが含まれることが多く、ガスエンジン内の燃焼でシリカとして堆積し、ガスエンジン部品の早期摩耗や損傷につながることがあります。


HORIBAの分析装置は、シロキサンを高精度に連続監視し、ガスエンジンのダメージ防止に貢献します。

課題

下水処理施設の管理担当者やプラントメーカの声

  • シロキサンが確実に除去できているかガスエンジンに入る前に常時監視したい
  • ガスエンジン燃料の品質管理としてメタン・二酸化炭素も同時計測したい

HORIBAのソリューション

「シロキサン分析装置」で解決!

  • 高感度でリアルタイムに計測

  • ご希望の環状シロキサン(D4・D5など) に対応

  • シロキサン・メタン・二酸化炭素同時計測が可能

シロキサン分析計の特長

  • 高感度にシロキサンを連続計測

  高感度(0-50 ppm)で安定した
  リアルタイム計測を実現しています。

  • 計測したい環状シロキサンにカスタマイズ

  低分子の環状シロキサンにはD4、D5など色々な種類があります。
  お客様の計測したいシロキサンに合わせてカスタマイズした分析装置を
  提供します。
  詳細はお問い合わせください。

  • シロキサンに加えメタンや二酸化炭素も計測可能 (オプション)

  最大3成分の同時計測が可能です。
  メタン  0-100 vol% 二酸化炭素  0-50 vol%

シロキサン分析計 VA-5000

運用事例

下水処理場におけるバイオガス発電設備でのシロキサン濃度監視

シロキサンがガスエンジン内に付着することで起こりうる、ガスエンジンのダメージを防止するためにシロキサン除去装置が設置されていますが、きちんと除去されているかシロキサン分析装置で常時監視します。

またガスエンジンの燃料品質管理としてメタン(CH4)、二酸化炭素(CO2)の同時計測も可能です。

 

 

下水処理場におけるバイオガス発電設備でのシロキサン濃度監視

関連製品一覧

シロキサン分析装置 VA-5000シリーズ

シロキサンのガス濃度を高感度に連続計測する分析計です。リレー・モーターの電気接点部へのシロキサン影響の確認や、バイオガス発電設備での不純物監視などに活用できます。

最大3成分研究開発バイオガス
原理:NDIR

製品詳細ページ