低温域測定 温度管理 低温域測定

HACCP(ハサップ)とは

HACCPとは、Hazard Analysis and Critical Control Point の頭文字をとった略称で、「危害要因分析重要管理点」と訳されています。※1
食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の危害をあらかじめ分析(Hazard Analysis)し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという重要管理点(Critical Control Point)を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理の手法です。

※1 引用:厚生労働省「HACCP入門のための手引書」P.8

従来衛生管理方式との違い

従来は最終製品の抜き取り検査が一般的でしたが、HACCPでは原料の入荷・受入から製造工程、製品出荷までの各工程ごとに、危害要因を予測分析し、管理基準を定め、連続的・継続的に監視・記録することで安全性に問題のある製品の出荷を未然に防ぐことができます。

さまざまな管理基準やガイドラインがある中で、各工程での適正な温度管理は、食品を安全に消費者へ届けるためには重要事項と言われています。

温度測定における重要管理点の例

HACCPの義務化を規定した食品衛生法は2018年6月に改正されました。2020年に施工され、1年間の猶予期間を経て2021年6月までにこのHACCPによる衛生管理制度を導入する必要があります。

非接触放射温度計のラインアップ

HORIBAの非接触放射温度計は、独自開発の新型サーモパイルセンサをはじめ、多様な独自技術を一台に集約。業界最高水準の高精度*での温度測定を実現しています。国家標準につながるトレーサビリティ体系も確保しており、精度を求められる重要管理点(CCP)の検証に最適です。

*2020年当社調べ

食品業界に貢献するHORIBAの放射温度計
◆佐々木酒造株式会社様「精緻な温度管理で、高品質の酒を安定的に造る」
◆全日本空輸株式会社様「保存剤を一切使用しない機内食だから、温度を厳しくチェック」

設置・組込みタイプ [非接触] 放射温度計 IT-480

設置・組込みタイプ
[非接触] 放射温度計
IT-480
≫ 製品詳細ページへ

▶業界最高水準の高精度(±1℃)
▶トレーサビリティ:国家標準に沿った設備で調整・校正
▶安心安全な各種・各国規制準拠品
▶専用アプリケーションソフトをご用意

IT-480シリーズ 組込み・設置タイプ 放射温度計
ハンディタイプ[非接触]放射温度計 IT-545シリーズ

ハンディタイプ
[非接触] 放射温度計
IT-545
≫ 製品詳細ページへ

▶業界最高水準の高精度(±1°C)
▶トレーサビリティ:国家標準に沿った設備で調整・校正
▶測定再現性±0.3°Cを実現
▶少ない温度ドリフト

IT-545シリーズ ハンディタイプ非接触放射温度計シリーズ
お問い合わせ・見積はこちら