ADS EVO

ADS EVO Product Image 1
ADS EVO Product Image 2
ADS EVO Product Image 3

自動運転システム

高い再現性でシャシダイナモメータ上の走行試験を自動化する装置です。
搭載性を大幅に向上させ、xEVなど次世代車両の運転や、プッシュボタン操作などにも対応しました。

ADS EVOは自動車の研究・開発において欠かせないシャシダイナモ上での走行試験を、ドライバに代わって行う自動運転システムです。低圧、低温、高温などの特殊環境や、高速走行、長時間耐久走行など過酷な条件下で行われる走行試験で、ドライバの負担をなくすとともに、高精度なモード追従性と運転再現性、データの高精度化により、自動車の排ガス試験の自動化を実現します。

New! 任意の目標DI*値を狙った制御を可能にする新機能”DI Optimizer”をリリース!
詳細はダウンロードタブ内の資料をご覧ください。
*DI:Drive trace indices (ドライビングインデックス)は、SAE J2951で採用された指標です。

事業セグメント: 自動車
製品分類: ダイナモメータ

高い再現性で開発をサポート

ADS EVOはシャシダイナモメータ上の走行試験を自動化し、その高い再現性で試験の手戻りを削減、お客様の車両開発をサポートします。

人とADS EVOのDrive trace indicesの比較データ

人とADS EVOのCO2排出量比較データ

搭載性の大幅な向上により、試験効率を改善

持ちやすい・運びやすいハンドルやレバーデザインを採用し、各構造パーツや骨組みをシンプル&コンパクト化。
搭載時間を大幅に削減することで、実験効率を改善します。

搭載時間の削減・軽量化
(従来機種ADS-7000と比較)

搭載時間/質量

扱いやすさを追求
人間工学に基づいた持ちやすい設計

人間工学に基づいた持ちやすい設計

固定作業の簡略化
ISOFIXを利用することで固定時間を大幅に削減(特許出願中)

※ISOFIX:チャイルドシート固定用フック

ISOFIXを利用することで固定時間を大幅に削減(特許出願中)

最新車両開発の効率化に貢献

車両の多機能化に伴い、車両試験での評価項目は増大しています。
幅広い試験で活用できるADS EVOは「人為的ミスを削減」「長時間試験でも正確」な開発を提案します。

排ガス試験/xEV開発/システムバリデーション

車両試験以外の試験にも水平展開/エンジン試験/パワートレイン試験

さまざまなオプション機能

環境仕様に対応、対応温度範囲を-40℃から80℃まで拡大
市場要求の強い低温から高温までを1台で対応
ヒーターレスにより環境仕様でも軽量化・小型化を実現

動作温度範囲[℃]

テストサイクル中の空調のON/OFFなど、さまざまな車両操作に対応(特許出願中)
標準搭載のエンジン始動用アクチュエータに加え、汎用アクチュエータをオプションで用意

標準搭載のエンジン始動用アクチュエータに加え、汎用マニピュレータをオプションで用意

オールイン メカニカルユニットカート
車両への搭載順・カートへの収納順が直感的に理解でき、作業性向上へ貢献 (特許出願中)

オールイン収納カート

 

受賞歴

第50回機械工業デザイン賞IDEA

JIDAデザインミュージアムセレクション

使用イメージ

基本機能

運転機能車速トレース試験運転機能(排ガス試験等)
★性能試験運転機能
ペダル・シフト位置の自動調整機能/手動調整機能
車両特性自動学習運転機能
車両暖機運転機能
定速度運転機能
マニュアル運転機能
対応車両MT車両、AT車両、CVT車両、★ハイブリッド・EV車両
フロアシフト、★インパネシフト、★コラムシフト、
右ハンドル/左ハンドル兼用
その他機能計測機能:ダイナモローラー速度、エンジン回転数
外部操作入力:運転開始/運転終了
外部状態入力:ダイナモ準備完了/ダイナモ異常/排気ブロアーON
外部操作出力:データ処理装置との同期信号
★HOST通信機能:運転開始/終了操作など(AK通信準拠)

構成・仕様

メカニカルユニット
トータル質量標準仕様:30 kg
ユニット単位質量3〜7 kg
使用環境標準仕様:-10〜45℃ 相対湿度 30〜90% RH(結露なきこと)
★環境仕様:-40〜80℃ 相対湿度 30〜90% RH(結露なきこと)
アクチュエータ仕様アクセル:ストローク長 150 mm、定格出力 160 N、最大操作速度 0.61 m/s
ブレーキ:ストローク長 200 mm、定格出力 241 N、最大操作速度 0.61 m/s
クラッチ:ストローク長 200 mm、定格出力 322 N、最大操作速度 0.78 m/s
シフト(X方向):ストローク長 190 mm、定格出力 193 N、最大操作速度 0.77 m/s
シフト(Y方向):ストローク長 240 mm、定格出力 193 N、最大操作速度 0.77 m/s
スターター(PUSH):定格出力 16 N
★スターター(TURN):定格出力 0.97 N・m
★PUSHアクチュエータを最大5ch追加可能
コントロールラック
寸法578(W) × 929(D) × 1000(H) mm
使用環境5〜40℃ 相対湿度 20〜80% RH(結露なきこと)
電源単相:AC 200〜240 V ±10%(Max 250 V) 50/60 Hz 3.0 kVAまたは
単相:AC 100〜120 V ±10% 50/60 Hz 3.0 kVA(注文時に選択)
その他ティーチングペンダント:シフト位置の学習、各種設定に使用
メカニカルユニットケーブル:メカニカルユニットとコントロールラックを接続

★はオプションです。

エミッション計測
エミッション計測
最新の排出ガス法規適合やブレーキダスト計測、耐久性評価のために必要な分析計やダイナモメータ、テストオートメーションシステムなどの評価設備を提供します。
乗用車向け車両試験
乗用車向け車両試験
最新の排出ガス法規に対応した分析機器やダイナモメータ、テストオートメーションシステムなど、乗用車の排出ガス法規適合に必要な評価設備を提供します。
RDE Plus
RDE Plus
RDE規制の導入 - さらに複雑化する自動車開発
自動車の性能評価、耐久性評価
自動車の性能評価、耐久性評価
自動車の性能・耐久性評価の効率化を実現する各種計測装置やテストオートメーションシステムを提供します。
電動車両評価
電動車両評価
HORIBAは、カーボンニュートラルの実現に向け加速する、ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車等の電動車両開発を支える各種ソリューションを提供します。
ハイブリッド車両評価
ハイブリッド車両評価
内燃機関・電動パワートレインの高効率な評価を可能にする評価/試験システムに加え、ハイブリッド車に関わる材料分析、設計・試作、評価サービスを提供します。
電気自動車評価
電気自動車評価
高効率な評価を可能にする評価/試験システムに加え、電気自動車に関わる材料分析、設計・試作、評価サービスを提供します。
燃料電池車評価
燃料電池車評価
高効率な評価を可能にする評価/試験システムに加え、燃料電池車に関わる材料分析、設計・試作、評価サービスを提供します。
自動運転車両評価
自動運転車両評価
実車・実路での検証に膨大な工数・時間のかかるADAS(先進運転支援システム)/自動運転車両開発をより効率的に行うための評価設備とテスティング、エンジニアリングサービスを提供します。
車載センサーの機能検証
車載センサーの機能検証
多様な環境・シナリオにおけるLiDAR、レーダー、カメラなどの各種車載センサーや車両制御の繰り返し評価手法・設備を提供します。
自動運転車両・コネクテッドカ―開発支援
自動運転車両・コネクテッドカ―開発支援
シミュレーションを活用した評価施設や、Euro NCAPやUNECE Regulationなどの欧州規格・規制に対応した試験サービスなどを通じて、複雑化・高度化するADAS/自動運転車両開発をささえる、エンジニアリング・テスティングソリューションを提供します。

お問い合わせ

* 項目は必ずご記入ください。

HORIBAグループ企業情報