CODA-500

Automatic COD Monitor CODA-500

自動COD測定装置

最新技術と伝統技術で可能になった、低ランニングで最高性能の自動COD測定装置 CODA-500。

 

事業セグメント: 環境・プロセス
製造会社: HORIBA Advanced Techno Co., Ltd.

 

  • 試薬量、当社従来比1/10
    独自の分注および計量方式により、従来の測定精度を保ちながら試薬量を1/10にすることに成功しました。また、手間のかかる試薬の調合も、試薬デリバリーサービスによって不要となります。その結果、試薬交換時の手間を低減するとともにランニングコストも当社従来比の約1/2に低減することが可能となりました。
  • タッチパネル液晶の採用で操作性向上
    タッチパネル操作が可能なカラー液晶の採用や、消費電力の低減など、わかりやすい操作性や環境負荷の低減など、時代が求める機能を充実させて、これからの水質管理ニーズに対応します。
  • 消費電力量、当社従来比1/2
  • 直接加熱方式になり、冷却水不要
  • インターフェース(RS-232C、RS-485、USB、Modbus)を充実

CODA-500はJISに基づく測定方法を全自動化。

酸性過マンガン酸カリウム法〈CODA-500-A/ CODA-500-C〉

酸性下では、塩化物イオンも過マンガン酸カリウムによって酸化されるため、その反応を避けるために、硝酸銀水溶液を加えて塩化物イオンを塩化銀として沈殿させる工程が必要です。このため酸性法は、試料水中の塩化物イオン濃度が低い場合(測定レンジのフルスケールに対して10倍以内)に適しています。

アルカリ性過マンガン酸カリウム法〈CODA-500-B〉

海水など塩化物イオンを多く含む試料水の場合、酸性法では、塩化物イオンによる妨害影響を除去できません。このような試料では、アルカリ性法を採用します。アルカリ性法下では塩化物イオンは、過マンガン酸カリウムでは酸化されないため、塩化物イオンの妨害影響なく、CODを測定することができます。

 

一般仕様装置名称自動COD測定装置
装置型式CODA-500
対象水中のCOD濃度
寸法※1600(W)×510(D)×1600(H)mm
質量約150 kg
電源AC100~240V ±10% 50/60Hz
消費電力AC100~120V 約250VA
AC120~240V 約350VA
設置条件屋内設置型
主電源の過度過電圧:過電圧カテゴリⅡ(IEC60364-44)汚染度2
性能
(※)2点計、2レンジ、
薬液ライン洗浄等の
オプションで追加する仕様、
およびCODA-500-Cの
薬液洗浄機能を
使用する場合
測定範囲(レンジ)
(実際の測定上限はレンジのハーフスケール)
0~20mg/L
0~30, 40, 50, 100, 200, 500, 1000, 2000mg/L(1段希釈仕様)
繰り返し性
(グルコース
標準液にて
20mg/Lフルスケールの±1% 以内
30~500mg/Lフルスケールの±2% 以内
1000~2000mg/Lフルスケールの±5% 以内
オプション仕様(※)
安定性ゼロドリフト(24hにて)20mg/L:フルスケールの±3% 以内、30~500mg/L:フルスケールの±4% 以内
1000~2000mg/L:フルスケールの±5% 以内、オプション仕様(※):フルスケールの±5% 以内
スパンドリフト(24hにて)
(グルコース標準液にて)
20mg/L:フルスケールの±3% 以内、30~500mg/L:フルスケールの±4% 以内
1000~2000mg/L:フルスケールの±5% 以内、オプション仕様(※):フルスケールの±5% 以内
測定原理※2CODA-500-A(酸性法)100℃における酸性過マンガン酸カリウム法(JIS K 0806に基づく)
CODA-500-B(アルカリ性法)100℃におけるアルカリ性過マンガン酸カリウム法
CODA-500-C(酸性法)100℃における酸性過マンガン酸カリウム法(JIS K 0806に基づく) 薬液洗浄機能付き
測定点数標準:1点(オプション:2点)
測定レンジ標準:1レンジ(オプション:2レンジ)
加熱方式直接加熱方式
終点検出定電流分極電位差滴定方式
滴定方式マイクロシリンジ滴定
測定周期60分
薬液洗浄標準:なし(オプション<高塩化物仕様>:あり)
硝酸銀溶液無添加法あり(塩化物濃度が少ない場合、設定により可能)
測定条件周囲温度2~40 ℃
周囲湿度85%R.H.以下(結露しないこと)
電源電圧変動AC100~240V ±10%
試料水条件試料水温2~40℃(試料水が凍結しないこと)
流量(オーバーフロー槽使用の場合)2~20L/min(OF-5使用の場合)、5~20L/min(OF-50使用の場合)
塩化物イオン濃度(酸性法の場合)CODA-500A:フルスケールの1倍以下、CODA-500C:フルスケールの100倍以下(最大)
(アルカリ性法は塩化物イオン濃度に影響されないため、フルスケールの100倍以上の場合はアルカリ性法を選択ください)
採取点本体からの配管長3m以内
ブランク水条件供給方法標準:上水道水(オプション:純水タンク供給)
水質※3COD成分のない上水道水(硬度100mg/L 以内)
供給水圧100~500kPa
消費量1測定あたり20~420mL(測定レンジおよび洗浄機能の設定で変わります)
設置条件 建屋内で直射日光が当たらず、換気が良好。振動、衝撃の少なく平坦で安定。
雰囲気中に、ダスト、ミスト、腐食性ガスなどを含まない。
入出力仕様表示タッチパネル付液晶表示(カラー)
アナログ出力点数標準:3点(オプション:6点)
種類標準:DC 4-20mA、DC 0-16mA(オプション:DC0~1V、DC1~5V)
(工場出荷時は、DC 4-20mAに設定。DC 0-16mAへは画面上で切替え可能)
内容COD濃度、時間COD負荷量、時間流量
出力インピーダンス900Ω以下
接点出力点数標準:14点(オプション:21点)
形態無電圧接点出力
種類絶縁出力
出力容量AC250V 3A / DC30V 3A(『保守中』接点は、DC30V 3Aのみになります)
状態出力測定中、校正中、待機中、洗浄中、ブランク測定中、同期信号1、同期信号2、保守中、電源断、他
警報出力上限警報(COD濃度、流量、負荷量)、COD濃度上上限、サンプル断、サンプル不足、一括警報1~6、各種計器異常、
他(各試薬不足:オプション)
アナログ入力点数標準:1点(オプション:2点)
種類標準:DC4~20mA入力(オプション:DC1~5V)
内容流量信号(フルスケールは任意設定可能)
接点入力点数標準:9点(オプション:17点)
形態無電圧a接点入力(オープンコレクタ可)
種類絶縁入力(-)側共通
ON抵抗最大100Ω
開放電圧最大DC26V
短絡電流最大DC13mA
機能測定スタート、校正スタート、洗浄スタート、ブランク測定スタート、時刻修正、サンプル断、ライン選択、流量計保守中、
流量故障、流量計電源断、流量計排水なし
負荷量演算機能COD負荷量演算機能
メモリ機能1年分メモリ可(測定値)およびUSBによる外部メモリ可能 
通信機能標準:RS-485(オプション:RS-232C)
通信プロトコルModbus®
プリンタあり(58mm)自動巻取り装置付き
試薬消費量※4過マンガン酸カリウム 試薬 A1測定あたり2mL
シュウ酸ナトリウム※5 試薬 B1測定あたり1mL
硫酸溶液 試薬 C1測定あたり1mL
硝酸銀溶液 試薬D1測定あたり0.5mL(酸性法で使用)
チオ硫酸ナトリウム溶液 試薬E1測定あたり2mL(薬液洗浄機能で使用)
水酸化ナトリウム溶液 試薬F1測定あたり1mL(アルカリ性法で使用)
試薬交換周期1ヶ月以上

※1 旧製品CODA-200シリーズのチャンネルベースの互換対応可能(標準)。
※2 ご発注時にいずれかをご指定ください。
※3 水道水を使用する場合は、最初に必ずフラッシングを30分ほど実施してから、装置に導入してください。タンク仕様の場合、純水は10mS/m(=1.0μS/cm)以下のものを使用してください。
※4 試薬は弊社指定の試薬をご使用ください。また、洗浄機能を設定すると試薬消費量が多くなる場合があります。
※5 酸性法の場合はシュウ酸ナトリウム、アルカリ性法の場合は0.1g/L硫酸マンガンを含んだシュウ酸ナトリウムを使用。

●閉鎖性水域に排出する事業場の水質総量規制においては、COD自動計測器の計測値とJIS K 0102の17.に規定する手分析による計測値(指定計測法による計測値)の相関を求める手法で  換算式を用いることになっています。ご使用の際は、手分析を行い、換算係数を装置に入力した後にご使用ください。

Request for Information

Do you have any questions or requests? Use this form to contact our specialists. * These fields are mandatory.

HORIBAグループ企業情報