環境アセスメントとは、主に大規模な開発事業などによる環境への影響を事前に調査し、その影響レベルを予測・評価する手続きのこと指します。排ガス・大気・水質などさまざまな断面から、事前調査のみならず、定期的な検査など数多くの測定が実地されるため、データを精度よくかつ簡易に計測する必要があります。

HORIBAのソリューション

HORIBAは、ポータブル排ガス分析計・自動車排ガス/オパシティ分析計・大気分析計・ポータブル水質計・卓上水質計・油分濃度計など、精度よく、また煩雑な操作なく環境測定データを確認できる各種分析機器を提供し、環境アセスメント業務に貢献しています。


図1:環境アセスメントの例

関連アプリケーション一覧

鉄鋼・精錬工場での環境対策に貢献 質量濃度・金属成分濃度の計測による環境対策!
質量濃度・金属成分濃度の計測による環境対策

関連製品一覧

ポータブルガス分析計 PG-300シリーズ

ポータブルガス分析計 PG-300シリーズ

ばい煙やダイオキシン規制への対応から、燃料電池の評価試験や混焼など新たな発電方法まで様々な計測ニーズまで応え、脱炭素社会に貢献する、フィールドタイプの小型ポータブルガス分析計です。

可搬型最大5成分検定対応研究開発
原理:NDIRCLDO2方式選択

製品詳細ページ

マルチガス分析計 VA-5000/VS-5000シリーズ

マルチガス分析計 VA-5000/VA-5000WM シリーズ

マルチガス分析計VA-5000シリーズは、CCUS、バイオマス発電、燃料電池・触媒評価など、カーボンニュートラルな社会の計測・分析ニーズに貢献します。

最大4成分検定対応研究開発
原理:NDIRCLDO2方式選択

製品詳細ページ

微量濃度ガス分析計 AP-370シリーズ

微量濃度ガス分析計 AP-370シリーズ

大気汚染環境監視装置で50年以上にわたり培ってきたHORIBAのノウハウが集約された微量濃度ガス分析計シリーズです。測定対象ガスの種類に合わせた最適な測定原理で、多様なニーズに細やかに対応します。

製品詳細ページ

PM2.5自動成分分析装置 PX-375

PM2.5自動成分分析装置 PX-375

微小粒子状物質(PM2.5)の質量濃度測定と、含有元素の成分分析が1台でオンライン自動測定できる装置です。大気汚染の原因解明や対策の研究に貢献しています。

定性分析定量分析連続測定発生源推定
原理:β線吸収蛍光X線

製品詳細ページ

OCMA-505-H

油分濃度計 <OCMA-505-H>

排液・環境水などに含まれる油分濃度を測定する装置です。試料水を注入後、ボタンをひとつ押すだけのワンタッチ操作で、油分抽出から測定・排液までスピーディーに簡単にご使用いただけます。

製品詳細ページ

油分濃度計 <OCMA-555-H>

部品の残留油分や土壌など、固体に付着する油分濃度を測定する装置です。付属のセルに抽出済みの試料水を注入し、装置にセットするだけで簡単に測定が可能です。

製品詳細ページ

マルチ水質チェッカ U-50シリーズ

マルチ水質チェッカ U-50シリーズ

一度の測定で最大11成分を同時測定。河川・湖沼・地下水など、フィールド対応の水質チェッカ

製品詳細ページ

LAQUA
お問い合わせ・見積はこちら