大気汚染・室内空気質計測機器

二酸化炭素(CO2)濃度測定装置 APCA-370

概要

APCA-370は、大気中のCO2濃度を測定する装置です。長期安定性を確保する「クロスモデュレーション方式(非分散形赤外線吸収方式)」を採用し、また独自の比較ガス精製法により、高精度測定が可能です。温室効果ガスの削減に向け、大気中のCO2管理は特に欧州での計測ニーズが増えており、モニタリング強化や、室内環境測定など幅広い用途に対応します。

用途

  • 大気環境モニタリング
  • CO2回収・貯蔵工程における漏えい検知
  • 室内環境のCO2濃度監視

特長

  • クロスモデュレーション方式非分散形赤外線吸収方式を採用しているため、光学調整が不要で ゼロドリフトフリーの高感度・高安定性を実現。
  • 独自の比較ガス精製法の採用により長期安定性を実現。(特許出願済)
  • コンパクトフラッシュ®・メモリーカードに直接データを書き込み、データ収集が可能(オプション)。
  • データインターフェイスの充実、リモート操作が可能(LAN接続端子、RS-232C)(オプション)。

※コンパクトフラッシュはサンディスク株式会社の登録商標です


製造会社: HORIBA

仕様

項目

仕様

測定対象

大気中の二酸化炭素(CO2

測定原理

クロスモデュレーション方式非分散形赤外線吸収方式(NDIR)

測定レンジ

0~500/1000 ppm 自動レンジ切替、外部切替可(オプション)

最小検出感度

0.5 ppm(2σ)

繰返し性

フルスケールの±1.0%

指示誤差

フルスケールの±2.0%

ゼロドリフト

±1.0 ppm/日 ±2.0 ppm/週

スパンドリフト

フルスケールの±2.0%/日 フルスケールの±3.0%/週

周囲温度変化に対する安定性

周囲温度範囲内5℃変化でドリフトを満足する

応答時間

装置入口より90%応答 60秒以下

試料ガス採取流量

約0.7 L/min.

補助ガス

パージ用ガス不要

表示

タッチパネル式LCD(バックライト付)(有効桁数4桁)、測定値、レンジ、アラ-ムなど

アラ-ム

校正エラー、バッテリ-エラー、圧力エラー、電源断など

入出力

0~1 V
(瞬時値および1時間平均値(積算値)または平均値の2系統)
接点入出力(レンジ、外部リセット、テレメ故障、アラームなど)
RS-232C(オプション)

周囲温度・湿度

0~40℃ 相対湿度 85%以下

電源電圧・周波数

AC100 V ±10% 50/60 Hz ±1 Hz

消費電力

170 VA

外形寸法

430(W)×550(D)×221(H) mm(突起物を除く)

質量

約20 kg

外形寸法図・他(単位:mm)

お問い合わせ・見積はこちら