NZ-3000

ジルコニア酸素計(酸素濃度計)

ジルコニア酸素計NZ-3000は、電力用ボイラをはじめ、パッケージボイラ、工業炉および各種燃焼装置の煙道内にプローブを挿入し、酸素濃度を測定します。
ジルコニア式の酸素濃度計は他の測定方式に比べて「サンプリング装置不要」「応答が速い」「指示が安定している」というメリットがあり、燃焼管理に最適です。

 

事業セグメント: 環境・プロセス
製造会社: HORIBA, Ltd.

販売対象地域:
日本
詳細.

  • サンプリング装置不要
    酸素濃度測定時、プローブを直接煙道内に挿入して使用するため、サンプリング装置は不要です。
     
  • 長寿命・長期安定
    特殊コーティングで白金を保護し、センサの劣化を防止しています。また、リードレス電極構造になっているため、断線の心配はありません。
     
  • 豊富な製品群
    アプリケーションに応じて、豊富な製品群から最適なタイプを選択可能です。

 

関連産業

 

測定対象燃焼排ガスおよび混合ガス中(可燃性ガスを除く)の酸素濃度
測定方式ジルコニア式
測定範囲表示:0~100 voL%O2表示
測定ガス圧力O2:-5~+250kPa
試料ガス温度一般用:0~700℃
高温用:0~1400℃
検出器挿入長一般用:0.15m、0.4m、0.7m、1.0m、1.5m、2.0m、2.5m、3.0m
高温用:1.0m、1.5m
(高温用は、プローブアダプタ長です。検出器は0.15mとなります。)
出力信号4~20mA DC
酸素濃度0-5~0-100 %O2の範囲で任意設定(1voL%単位)
またはパーシャル設定可
接点出力(4点)接点容量 30VDC 3A、250VAC
3A常時励磁、常時非励磁選択可能、上下限警報にはディレイ機能、ヒステリシス機能設定可能、1.異常、2.校正中、3.レンジ切替アンサーバック等選択指定
アラームセル異常、セル温度異常、アナログ回路異常、ディジタル回路異常、校正異常
検出器構造屋外設置形、防雨構造 NEMA4X/IP65
変換器構造屋外設置形、防雨構造 NEMA4X/IP65
周囲温度検出器:-20~+150℃ 変換器:-20~+55℃
電源AC100~240V 50/60Hz
消費電力最大300VA 通常約100VA

特性

繰返し性(設定レンジ最大値)
フルスケール(*)の±0.5%(0-5voL%O2以上、0-25voL%O2未満のレンジ)
フルスケール(*)の±1.0%(0-25voL%O2以上、0-100voL%O2未満のレンジ)
ドリフトゼロ、スパン共、O2:±2%(設定レンジ最大値)/月
応答速度90%応答 5秒以内(標準仕様の場合)

(*):フルスケールの定義は JIS B 0155 による

 

外形寸法図・他(単位:mm)

Solid Waste Combustors and Incinerators in Solid Waste Management and Remediation Services
Solid Waste Combustors and Incinerators in Solid Waste Management and Remediation Services

Request for Information

Do you have any questions or requests? Use this form to contact our specialists. * These fields are mandatory.

HORIBAグループ企業情報