「地球温暖化対策、クリーンエネルギー」

バイオマス発電は、動植物などから生まれた生物由来の再生可能資源「バイオマス」を用いた発電です。バイオマスを直接燃焼する方式、バイオマスを高温で蒸し焼きにし、熱分解ガスを発生させて発電する方式、バイオマスを発酵させたバイオガスを用いて発電する方式などの発電方式があり、二酸化炭素(CO2)排出量を削減しやすい発電方法として注目されています。

HORIBAのソリューション

HORIBAは、発電効率向上や排ガス処理装置の運用・管理に貢献する装置をはじめ、バイオガスで発生するシロキサンなどの特殊ガスの連続分析装置など、幅広いラインアップの分析装置を提供し、バイオマス発電の課題解決に貢献しています。


図1:一般的なバイオマス発電

図2:バイオガス発電
図2:バイオガス発電

関連カタログダウンロード

関連製品一覧

煙道排ガス分析装置 ENDA-5000シリーズ

煙道排ガス分析装置 ENDA-5000シリーズ

煙道排ガス中の最大5成分(NOx/SO2/CO/CO2/O2)を1台で同時測定が可能な装置です。脱硝装置入口の窒素酸化物(NOx)監視や、脱硝装置の出入口の二酸化硫黄(SO2), 酸素(O2)監視など発電所などに導入されている排ガス処理のプロセスコントロール用装置として使用できます。

最大5成分検定対応多点測定クロスフロー
原理:NDIR磁気圧力式

製品詳細ページ

ポータブルガス分析計 PG-300シリーズ

ポータブルガス分析計 PG-300シリーズ

ばい煙やダイオキシン規制への対応から、燃料電池の評価試験や混焼など新たな発電方法まで様々な計測ニーズまで応え、脱炭素社会に貢献する、フィールドタイプの小型ポータブルガス分析計です。

可搬型最大5成分検定対応研究開発
原理:NDIRCLDO2方式選択

製品詳細ページ

ジルコニア酸素計(酸素濃度計) NZ-3000

ジルコニア酸素計(酸素濃度計) NZ-3000

電力用ボイラをはじめ、パッケージボイラ、工業炉および各種燃焼装置の煙道内にプローブを挿入し、酸素濃度を測定する装置です。

挿入型ボイラー
原理:ジルコニア式

製品詳細ページ

マルチガス分析計 VA-5000/VS-5000シリーズ

マルチガス分析計 VA-5000/VA-5000WM シリーズ

マルチガス分析計VA-5000シリーズは、CCUS、バイオマス発電、燃料電池・触媒評価など、カーボンニュートラルな社会の計測・分析ニーズに貢献します。

最大4成分検定対応研究開発
原理:NDIRCLDO2方式選択

製品詳細ページ

放射温度計 IT-480シリーズ

放射温度計 IT-480シリーズ

長年培った独自の赤外線検出テクノロジーとノウハウを結集して実現した、業界最高水準の高精度を持つ組込み・設置型の放射温度計です。

製品詳細ページ

Automatic COD Monitor CODA-500

自動COD測定装置 <CODA-500>

最新技術と伝統技術で可能になった、低ランニングで最高性能の自動COD測定装置 CODA-500。

製品詳細ページ

TPNA-500

自動全窒素・全りん測定装置 <TPNA-500>

河川・湖沼・閉鎖性海域等の全窒素・全りん濃度を高精度で測定する装置です。測定試薬の長寿命化、消費電力の削減などにより、ライフサイクルコストの低減を実現しました。

製品詳細ページ

シリカ分析装置 SLIA-5000

シリカ分析装置 SLIA-5000

ボイラ水、純水精製設備の微量シリカを迅速に自動測定

火力、原子力発電所などで、高温・高圧の水蒸気によるタービンの駆動を効率よく行うためには、スケールの原因物質であるシリカ(SiO₂)の管理が重要です。この度、HORIBAの長年にわたる納入実績と技術ノウハウを結集し、従来の安定性・信頼性・メンテナンス性はそのままに、シリカ分析装置は新たに生まれ変わります。

製品詳細ページ

微量濃度ガス分析計 AP-370シリーズ

微量濃度ガス分析計 AP-370シリーズ

大気汚染環境監視装置で50年以上にわたり培ってきたHORIBAのノウハウが集約された微量濃度ガス分析計シリーズです。測定対象ガスの種類に合わせた最適な測定原理で、多様なニーズに細やかに対応します。

製品詳細ページ

現場形工業用水質計 H-1シリーズ

現場形工業用水質計 H-1シリーズ

水質の総合的な計測・管理のために必要な測定項目をトータルラインアップした現場設置形の水質計シリーズです。純水装置から排水処理にいたる、あらゆる水処理にトータルでお応えします。

製品詳細ページ

お問い合わせ・見積はこちら