昨今、世界規模で水不足となることが想定されています。そして、世界の水インフラ市場は、新興国の人口増加などで急拡大しています。このような水不足を解決する技術の一つに、海水淡水化技術があり、日本は海水淡水化技術(逆浸透膜)で世界シェア50%を占めています。そして、この海水淡水化事業において、水質計測は欠かすことができません。HORIBAは、水質計測の技術で世界の水インフラ市場に貢献します。
Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

すみません、このアーカイブピリオドに翻訳された情報記事がありません。

Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

その他ラインナップ

卓上型 / ポータブル型 / フィールド型 / コンパクトタイプ《LAQUAシリーズ》

CIP/SIP/オートクレーブに対応

高温・高圧対応センサーやサニタリー仕様のフィッティングをラインアップ。FDA 21 CFR Part11 や EHEDG にも対応。

 Knick 計測器シリーズ 詳細

製品を探す

  • 産業インフラで探す
  • ソリューションで探す
  • 測定項目で探す
  • シリーズで探す
  • その他