窒素りん計の更新、また新設をご検討中の方へ

窒素りん計に詳しくなっていませんか?

操作の煩雑さやトラブル対応などから、窒素りん計に詳しくならざるを得なかった経験はございませんか。

TPNA-500なら窒素りん計に詳しくならなくても運用可能です。

窒素りん計に大切な時間を奪われていませんか?

トラブル対応の際、販売店や弊社へのお問い合わせの際、状況説明に時間がかかった経験はございませんか。

TPNA-500なら時間短縮が可能です。

計器か水質のどちらが良くないか判断できますか?

これまで計器にエラーが出ず、測定値に突変が出た場合、計器の問題なのか水質が理由なのかは判断がつきませんでした。

TPNA-500の自己診断機能を活用すれば、遡りで計器に問題があったのか確認が可能になります。

問い合わせする

HORIBAでもこんなことがありました…

メンテナンス方法やトラブル対応のお問い合わせをいただいた際に、電話で何十分とやりとりさせていただいた経験が弊社のサービスマンにもございました。お互いにイメージを共有する事が難しい内容や状況把握に時間がかかる場合もあり、結果的にお客様に多くの時間を使っていただく事がございました。


トラブル時にとにかくサービスマンを呼んだという経験はございませんか?特に再現性のないトラブルの場合は、解決までの時間と費用がかかっていました。実際に現地へご訪問させていただいても、再現性がないトラブルの場合は原因が掴めないまま復旧しているというケースもございました。

HORIBAからのご提案|自動全窒素・全りん測定装置 TPNA-500

ライフサイクルコストの低減、規制とコンプライアンスの遵守を達成する70年間の水計測技術を結集した最新機種。

平成13年より法制化された第五次水質総量規制から10年以上が経過しました。水質環境保全の観点から、規制に対応し、企業のコンプライアンスを遵守することは当然のこととなりました。これからの全窒素・全りん計測は、規制対応にとどまらず積極的な企業価値向上へとつながる可能性もあるのではないでしょうか。私たちは、技術の革新・改善と、LCC削減を提案しつつ、計測、規制遵守、企業価値向上の未来を追求していきます。

カタログダウンロード

問い合わせする

TPNA-500で実現できること

自己診断機能

全窒素全りん計をご使用でこんな事はありませんか?

短時間のみ異常値発生
・計器の異常なのか水質の異常なのか分からない
・修理をしようにも何が起きていたかわからない

エラー発生
・修理が必要かメンテナンスで済むか判断できない
・問い合わせしても状況がうまく伝わらない
・エラーが再発せず修理時に原因の特定が出来ない

純水装置の不具合
・純水の水質劣化に気づかない
・純水装置の故障に気づかない

毎月の試薬交換の手間を省きたい

日常メンテナンスの作業負荷を大幅削減

■試薬交換周期の比較

保守の手間を減らしたい

簡単保守

正確な計量をしたい

汚れに強い計量システム(メニスカス方式)と豊富な洗浄機能を採用

TPNA-500の製品情報ページはこちら

TPNA-500導入までの流れ

TPNA-500導入までの流れ まずはお気軽にお問合せください

仕様の詳細などご不明な点やご確認したい事があればお気軽にお問い合わせ下さい。

問い合わせする

TPNA-500に関するソリューションのご紹介

その他水質総量規制対応シリーズラインナップ

CODA-500
more CODA-500

自動COD測定装置

ALM-300
more ALM-300

水質汚濁負荷量演算器

CW-150/1500
more CW-150/1500

有機性汚濁物質測定装置(UV計)