微生物検査の結果判定を迅速化する
微生物迅速検査装置 Rapica

特長アプリケーション測定手順お問い合わせ

微生物検査の課題解決に

「微生物検査の結果を早く知りたい」「作業者からの微生物汚染を減らしたい」「一度にたくさんの検体を測定したい」といった課題はございませんか?

微生物迅速検査装置Rapica(以下、Rapica)は、ATP※1を用いた発光反応で微生物を迅速に検出。微生物検査の結果を即日で確認できるため、生産設備の稼働率アップや製造から出荷までのリードタイム短縮、微生物汚染の発生時に早期対処を可能にします。

医薬品や飲料、再生医療などの領域においては、品質管理の高度化、生産性の向上が期待できます。

※1:ATP (Adenosine triphosphate):アデノシン三リン酸

Rapicaの3つの特長

約2.5時間で24検体を同時測定

従来の培養法にかける検査時間を大幅に短縮。微生物検査の結果を即日で確認でき、その後の迅速な対処が可能になります。

微生物1細胞がもつ微量のATPを検出

菌数が非常に少なく、高感度な微生物検査が必要なサンプルにも適用可能です。

試薬注入工程から発光測定までを自動化

自動化により、最大の汚染源である測定者からの微生物汚染リスクを低減。さらに、測定者による測定操作のばらつきをなくします。

カタログダウンロード
技術論文を読む

Rapicaの測定原理

高感度ATP法では、5種類の試薬を用いて生菌のみのATPを測定します。

アプリケーション

Rapicaの適用例として、「工程管理」「環境モニタリング」「出荷検査」などがあります。

Rapicaのシンプルな測定手順

Rapicaでの測定は、①ろ過装置でサンプルをろ過、②測定機にセットするだけのシンプルな手順です。

Rapicaについてのご相談はこちら

Rapicaの詳しい説明やサンプルデモなど、ご質問やご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。

HORIBAグループ企業情報