The Water Times

人々の生活に欠かすことのできない水。そして私たちの使命は世界中の水質を守ることです。「The Water Times」では ”水”についてもっと知っていただきたい という思いから、水に関わる豆知識や弊社の取り組み、製品の導入事例など様々な情報をお届けします。

メールマガジンやってます!

弊社では”水”についてもっと知っていただきたいという思いから、メールマガジン”The  Water Times"を始めました!豆知識や弊社の取り組み、製品の導入事例など、様々な情報をお届けいたします。

*配信例
・”ビリビリ”はどっち?砂糖水と食塩水の違い
・分かりやすく解説!水質総量規制とは?
...

もっと読む

水道水や工場排水を、効率良くたくさん測る(多検体測定)には?

水道水や工場排水を一度にたくさん測る(多検体測定する)際、以下のように感じられたことはありませんか?

  • 測定にかかる工数が負担となっている
  • 作業者が変わることで、測定値のバラツキが生じてしまわないか心配

 

一度に多検体測定をする方にとって、測定にかかる工数は大きな負担かと思います。また測...

もっと読む

一度にたくさんのサンプルを測る(多検体測定)際の、お悩みを解決するには?

水道水や工場排水などを一度にたくさん測定する(多検体測定)際に、以下のように感じられたことはありませんか?

  • 測定にかかる工数をもっと減らしたい
  • 実験室には分析装置がたくさんあるため、なるべく場所をとりたくない
  • 測定に必要なサンプル量を少なくすませたい
  • 測定する際、サンプル温度を一定に保ち...
もっと読む

歩留まり低下に影響?!半導体製造洗浄・エッチングプロセスにおける薬液濃度変化が起こる原因とは?

半導体製造において洗浄・エッチングプロセスは、歩留りを左右する重要な工程で、製造工程全体の3割~4割を占めています。そんな半導体製造洗浄・ウェットエッチングプロセスで使用されるのが様々な薬液です。今回は、そんな様々な薬液の濃度変化が起こる原因をご説明いたします。


薬液の役割とは?

まず半導体製...

もっと読む

水質総量規制とは?

東京湾、伊勢湾、大阪湾・瀬戸内海の3海域と、当該海域へ流入している河川に排水している事業所では、日々の放流水中のCOD、窒素、りんの監視が義務付けられています。その理由は水質総量規制という法制度によるものであることは御存じかと思いますが「そもそも、それって何のための、どんな法制度?」と疑問を抱いてい...

もっと読む

生物処理(下水処理)プロセスにおけるアンモニア態窒素計の評価試験~CO₂削減~

今回のコラムでは、下水処理プロセスでのアンモニア態窒素計を用いた評価試験を紹介いたします。


今回のコラムは次のような方におすすめです

  • 曝気槽の風量制御に使用する電力を削減したい方
  • 生物処理において、DOで制御しているため過剰曝気(もしくは曝気不足)になっている可能性がある方
  • アンモニア...
もっと読む

適切にブレイクポイント処理を行うには?

ブレイクポイント処理とその際に生じる課題・解決策について紹介いたします。


今回のコラムは次のような方におすすめです

  • ブレイクポイント処理について課題を感じられている方
  • アンモニア態窒素を定量的に管理したい方
     


ブレイクポイント処理について

水道水や、工場排水、排水(めっき、半...

もっと読む

新エネルギーにアンモニア?今後期待されるアンモニアの活用について

アンモニアといえば、「異臭がする」「肥料に使われている」というイメージがありますが、最近では新しいエネルギー源として注目が高まっています。
今回は、そんなアンモニアがどのように利用されているのかをご紹介いたします。


実は身近で使われているアンモニア

アンモニア(NH3)は、常温では無色で刺激臭...

もっと読む

正確に油分濃度測定ができるコツを伝授します!

今回のコラムでは、正確な油分濃度測定のコツについてご紹介いたします。
...

もっと読む