水質総量規制

戦後の高度経済成長期。急速な産業の発展に伴い、工場排水による水環境汚染問題が大気汚染とともに顕在化してきました。そして、このような時代背景から、1979年には第一次水質総量規制が施行され、東京湾・伊勢湾・瀬戸内海の閉鎖性海域に対して排水のCOD(化学的酸素要求量)の測定義務が課されました。さらに、その後も規制は強化され、2004年の第五次水質総量規制では、新たに全窒素・全りんの測定義務が追加されています。今日、環境保全の観点から、規制に対応し、企業のコンプライアンス遵守が当然となっている中で、HORIBAは約70年間の水計測技術を結集した計測器のラインアップで、環境改善に取り組む社会に貢献いたします。


自動全窒素・全りん測定装置

TPNA-500
more TPNA-500

自動全窒素・全りん測定装置

自動COD測定装置

CODA-500
more CODA-500

自動COD測定装置

有機性汚濁物質測定装置(UV計)

CW-150/1500
more CW-150/1500

有機性汚濁物質測定装置(UV計)

製品を探す