1970年代には、電力需要の急増に伴い火力発電所などの電力プラントの建設ラッシュが訪れました。そして、発電機のタービンを回すためには、大量のボイラ水が必要であり、そのボイラ水は、給水系統の腐食防止のためにpHが8以上のアルカリ性に保たれています。高性能・高効率のボイラが普及している今日、ボイラの水に対する要求は厳しくなっており、ボイラ給水・ボイラ水のpH管理だけでなく、電力プラントでは多くの水質計測は行われています。HORIBAはpH計をはじめとする、幅広い計測器とセンサをのラインアップで、多種多様な測定にお応えいたします。
  • アプリケーションノート/ケーススタディ
ボイラ水監視の為のpH/ 導電率/ 溶存酸素センサ活用例-knick
『ボイラ水監視の為のpH/ 導電率/ 溶存酸素センサ活用例-knick』

すみません、このアーカイブピリオドに翻訳された情報記事がありません。

Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

卓上型 / ポータブル型 / フィールド型 / コンパクトタイプ《LAQUAシリーズ》

CIP/SIP/オートクレーブに対応

高温・高圧対応センサーやサニタリー仕様のフィッティングをラインアップ。FDA 21 CFR Part11 や EHEDG にも対応。

 Knick 計測器シリーズ 詳細

製品を探す

  • 産業インフラで探す
  • ソリューションで探す
  • 測定項目で探す
  • シリーズで探す
  • その他