ビールの製造には、酵母が利用されます。そして、その酵母は、発酵工程において麦汁に含まれる糖分をアルコールと炭酸ガスに分解することでビールを作り出します。この酵素の働きは、pHに影響を受けるため、効率のよい発酵のためには、pHの管理が非常に重要です。また、pH以外にも、炭酸ガスの管理には溶存酸素計を用いることで、ビールの酸化要因となる酸素を極微量な濃度で管理しています。さらに、製造プロセスでは導電率計などを使用することで、各製造工程の最適化が行われています。HORIBAでは、幅広い計測器とサニタリー性の高いセンサをラインアップしており、多種多様な測定にお応えいたします。
Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

すみません、このアーカイブピリオドに翻訳された情報記事がありません。

Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

卓上型 / ポータブル型 / フィールド型 / コンパクトタイプ《LAQUAシリーズ》

CIP/SIP/オートクレーブに対応

高温・高圧対応センサーやサニタリー仕様のフィッティングをラインアップ。FDA 21 CFR Part11 や EHEDG にも対応。

 Knick 計測器シリーズ 詳細

製品を探す

  • 産業インフラで探す
  • ソリューションで探す
  • 測定項目で探す
  • シリーズで探す
  • その他